原発事故で一変した学生生活、それでも見つけ出した夢に向かって

原発事故で一変した学生生活、それでも見つけ出した夢に向かって
高橋さんと飯舘村の自宅敷地にて。建物は昨年11月に撤去、空き地に

「夏には家の裏の池で泳いだし、山ではキノコを採ってー」



 と、話しながら高橋夏海さんは福島県飯舘村の自宅周辺を歩いた。懐かしい景色におしゃべりは止まらない。



「村に来れるのはうれしい」



 現在、家族とともに福島市内で避難生活を送るため、村に来るのは約1年ぶりという。



■転機となった演劇部

 福島第一原子力発電所事故で高橋さんの生活は一変した。 



 同村は津波の影響はなく、地震による被害も比較的軽かったものの、放射線量の数値が高く、2011年4月に「計画的避難区域」に指定、全村避難となった。



「母や妹、村の人たちと一緒に栃木県鹿沼市に避難しました。祖母、父、姉は村に残ったので一時的に家族がバラバラになり、とても心細かった」



 慣れない避難生活。転々とする住居。仲のいい友人たちとの別れなどでストレスが重なり、体調を崩した。



「熱や鼻血が出やすく、人間関係の悩みなどもあったので震災後は学校を休みがちになりました。学校で誰かと話すことはありませんでした」



 転機となったのは福島市内に避難、仮校舎で授業を続ける福島県立相馬農業高校飯舘校に入学したことだった。



 演劇部の菅野千那さんから「スタッフが足りない」と声をかけられ、高橋さんは裏方を引き受けた。入部をきっかけに菅野さんや部員、クラスメートらとも仲よくなり、役者にも挑戦すると自信もついた。元の明るさを取り戻し、学校も休まなくなった。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2018年3月10日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。