被災地の「仮設商店街へいらっしゃい!」温かく迎え入れてくれる店主たち
拡大する(全1枚)
千葉隆博さん(左)と熊谷牧子さん(右)

 宮城・気仙沼市の「福幸小町 田中通り」商店街でおもしろい店を見つけた。



■気仙沼は鮫好きの聖地

 カッコいい店構えが仮設商店街離れしているウエアや革製品、シルバーアクセサリーのセレクトショップ「Lander Blue(ランダーブルー)」のイケメンオーナー千葉隆博さん(45)は、



「アメカジ好きはぜひ来てほしい。パソコンで洋服を買うのもいいけれど、店に来れば試着できるし、似合うかどうかよくわかりますよ」



 と控えめにアピールする。



 津波に自宅も店も流され、借金だけが残った。内装にお金はかけられない。水分を含んだ丸太を1000円以下で買い取り、自然乾燥させて店内の大黒柱に。アクセサリーなどを並べるショーケースはケーキ店から無料で譲り受けた。プロ顔負けの日曜大工で商品棚を器用に作り上げ、東京まで「ほかでは売っていない商品を」と買い付けに行く。



「複数の取引メーカーの展示会をはしごして、うちのお客さんが欲しがりそうなものだけを買い、日帰りするか安い宿に泊まります」と千葉さん。



 実はこの店、鮫革製品を中心とする鮫関連グッズ専門店「SHARKS(シャークス)」のオーナー熊谷牧子さん(58)と1店舗に半分ずつ入る共同店舗。以前入居していた仮設商店街で知り合い、家賃を折半して入った。



 熊谷さんは、



「いまでは息子か弟のような存在。お互いひとりで店をやっているので、留守番を頼んだり頼まれたり、力仕事などを手伝ってもらっています」