「不倫はクソ」から一転、不倫へ落ちた背景に“父の不在と抜毛癖”――洋子の場合〈下〉

「不倫はクソ」から一転、不倫へ落ちた背景に“父の不在と抜毛癖”――洋子の場合〈下〉
拡大する(全1枚)
世の中は不倫ブーム真っ盛り。しかし、実際に不倫している一人一人の女性に目を向けたとき、その背後には、さまざまな難題がのしかかってくる一方で、何の解決策も見つからないこの社会を生きる苦しみがあり、不倫という享楽に一種の救いを求める心理があるような気がしてならない。この連載では、そんな『救いとしての不倫』にスポットを当てていけたらと思っている。
(ノンフィクション・ライター 菅野久美子)

 今回紹介するのは、Webディレクターとして都内の広告代理店に勤務する小野洋子(仮名・34歳)。周囲の結婚ラッシュに焦りを感じて婚活を始めた30歳の頃、アニメ仲間のオフ会で出会った佐々木陽介(仮名・38歳)と4年不倫関係が続いている。ある日、専業主婦の妻、6歳の娘と住む陽介の家に招かれた洋子は、結婚式の写真が飾ってある部屋で、陽介と関係を結んでしまう――。



<前編はコチラ>



■「不倫するのはクソ女だってずっと思ってた」

 洋子は、物心ついた頃からオタク文化に傾倒し、少女マンガにどっぷり浸かって育った。大好きな少女マンガの世界は、胸がときめくような純愛に溢れていた。運命の出会いに、永遠の愛を誓う二人――。私も、こんな少女マンガのような恋愛がしたい。不倫なんてありえない、と思っていた。



「不倫はクソ」から一転、不倫へ落ちた背景に“父の不在と抜毛癖...の画像はこちら >>
自他ともに認めるオタクの洋子。趣味はゲームとコスプレ、そして、2.5次元俳優の追っかけもしている

「不倫はダメだって、小さい頃から思っていました。人のものはダメだって感覚ですね。世間だけじゃなくって、やっぱり少女マンガの世界に刷り込まれてたんだと思う。昔はむさぼるように少女マンガを読んでました。少女マンガの世界は純愛が多いですよね。一度心に決めた相手とは、添い遂げるものだと思った。だから、“絶対不倫は汚らわしい”って思ってた。あと、10代の頃、友達の両親が不倫して、友達がその狭間で大変そうだったんです。その悲惨さを見ていると、子供がかわいそうだなって」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「不倫」に関する記事

「不倫」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「不倫」の記事

次に読みたい「不倫」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク