地下鉄サリン事件の実行犯が、殺人を正当化するために1万回唱えた“マントラ”

 廣瀬は、車内でサリンの入った袋を取り出そうとしたとき、包んでいた新聞紙が音をたてて、前に立っていた女子中学生に振り向かれそうになった。思わず手を止めて、電車が駅に到着すると耐えられずに降車したが、「これは救済なんだ」と言い聞かせて、後方の車両に移って乗りなおす。そして、サリンの入った袋を床に落とし、傘の先で突き刺したのである。



 犯行を終えた実行犯たちは、麻原彰晃の指示によって「グルとシヴァ神とすべての真理勝者に祝福されポアされてよかったね」と一万回唱えた。ちなみに、オウム真理教では、「ポア」は殺人を意味する言葉である。無差別殺人の実行犯に、良心の呵責を起こさせない洗脳を施したのだ。



 洗脳された人たちの犯罪は、自供が得られないので解明が難しい。地下鉄サリン事件も、最初は実行犯の特定すらできなかったが、林郁夫が自供を始めたことで捜査が動き出す。



 林郁夫は、



「乗客の安全や電車の正常運行の確保という強い使命感から、文字通り身を挺して殉じた地下鉄職員の崇高な行動と、本来医師として人の生命や健康を守るべき使命を与えられているはずの自分が引き起こしたおぞましい無差別殺人行為を比べ、あまりの落差の大きさに雷を受けたような強い衝撃を受け、麻原のまやかしに気付き、自分のとった行動が誤っていたと確信し」、



 事件について語ることを決意したという。



 殉職した営団地下鉄の職員の姿が、事件の突破口となったのだ。林郁夫の自供が始まりとなり、麻原を見限った弟子たちが次々に証言を始めた。追い詰められた麻原は、コミュニケーションが取れない状態に陥り、ついに自ら事件について語ることはなかった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク