《家計直撃》納豆は値上げ・生活用品は値下げ、4月以降「上るモノ&下がるモノ」

《家計直撃》納豆は値上げ・生活用品は値下げ、4月以降「上るモノ&下がるモノ」
4月以降に値上がりするもの、値下がりするもの

「総務省の家計調査では、毎月の支出金額はここ4年間、下がり続けている。物価が上がり、賃金も上がればよい値上げで経済も回りますが、物価は上がっているのに賃金は上がらない。消費者は2倍も3倍も節約が必要になる」



 生活経済ジャーナリストの柏木理佳さんがそう指摘する新年度の“悪い値上げ”。



■価格に転嫁せざるをえない状況

 生命保険やランドセルなど値下げされる商品もあるが生活必需品はおおむね値上げで、スーパーの陳列棚の前で消費者はため息をつくしかない。野菜売り場では、昨年の秋以来の高値が続いていたレタスやキャベツなどの葉物野菜が落ち着きを取り戻している。



「キャベツと大根は4月中旬に、にんじんは4月下旬には平年並みの価格に戻ります。生育の早いレタスはすでに市場にあふれています」



 と農林水産省園芸作物課。「天候に問題がなければ今年は順調に推移していくはず」と見通す。レタスの卸値は、すでに前年比2割安だ。



 例年、値動きの傾向があるという精肉は、



「年末年始に需要が高まり価格が上がるが、1月~3月には低下します。4月は暖かくなり、行楽需要に向け価格は上がる」(農畜産業振興機構)



 水産資源の減少や「中国との資源の奪い合いで水揚げ量は減少している」(前出・柏木さん)ことから、すでに値上げをしたのは缶詰業界だ。



 マルハニチロと極洋は今年1月出荷分よりサンマの缶詰を値上げ。全国さんま棒受網漁業協同組合によると、昨年のサンマの水揚げ高は前年より3割も減少した。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2018年3月30日の社会記事
「《家計直撃》納豆は値上げ・生活用品は値下げ、4月以降「上るモノ&下がるモノ」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    先帝陛下も拒絶するようなキムチ悪い生ゴミが値上がりしたところで、困るのは大地震の時に夜盗や窃盗やガソリン泥にいそしむ偽日本人が住んでる地方のみ

    0
  • 匿名さん 通報

    イオン系のpbは原材料をおかしな方向に見直して安くしてるのがなあ。なんで遺伝子組み換えばっかりなの?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュース

次に読みたい関連記事「厚生労働省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「文部科学省」のニュース

次に読みたい関連記事「文部科学省」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュース

次に読みたい関連記事「経済産業省」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。