市川海老蔵「長女を名門小学校へ」お受験パパ奔走一年

市川海老蔵「長女を名門小学校へ」お受験パパ奔走一年
拡大する(全1枚)
甲府公演のあと、スタッフに守られ足早にタクシーに向かう海老蔵

 3月1日からスタートした市川海老蔵特別公演『源氏物語 第二章 ~朧月夜より須磨・明石まで~』。北海道から九州までの全国23都市を回る公演は、4月7日まで続く。



 そんな中、3月22日は長男の勸玄くんの誕生日パーティーのため、東京・八王子公演が終わると急いで帰宅。子どもたちのためにスペシャルゲストまで用意するほどの気合の入れようだった。



 しかも、翌日には手作りのカレーを振る舞うなど、素敵なパパぶりをブログにアップしている。



 そんな子どもたちも、春からは新たなスタートを切る。



「4月からは長女の麗禾ちゃんが小学校に入学します。そのため、海老蔵さんをはじめとして、母親の希実子さんや麻央さんの姉である麻耶さんとそのお母さままで、家族一丸となってお受験を支えたそうです」(芸能レポーター)



 私立の名門小学校に娘を入れることは、亡き妻である麻央さんからのたっての願い。



 '17年11月1日付の彼のブログにも、



《麗禾のお受験があり麻央から2年前からこの時期はお休みしてね。と言われていました。麗禾のお受験、一緒にしたかったろうな、、》



 と、思いをつづっている。



「麻央さんは麗禾ちゃんだけでなく、成田屋の跡取り息子の勸玄くんも1歳半のころから、ご自宅から車で15分ほどのセレブ託児所に預けていました。



 ここはお受験に特化し、1日10時間ほどの保育で授業料は年間200万円ほど。未来の團十郎になることが決まっていても、子どもたちの教育のことを彼女は真剣に考えてらっしゃったんでしょうね」(芸能プロ関係者)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「市川海老蔵」に関する記事

「市川海老蔵」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「市川海老蔵」の記事

次に読みたい「市川海老蔵」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク