西城秀樹さんの『傷だらけのローラ』は、大好きなイギリスロックが原点だった<br />

西城秀樹さんの『傷だらけのローラ』は、大好きなイギリスロックが原点だった<br />
西城秀樹さん

 歌手の西城秀樹さん、63歳。その最後の入院は、家族との最後の時間のためだけに秀樹さんが残りの力を振り絞った時間だった。



 所属事務所関係者は「入院は知りませんでした。亡くなった後に連絡を受けました」。



 17日、昼過ぎに第一報が芸能メディアに届く。フジテレビが速報を流す。



「自宅は取材しないでほしい、というお願いがあり、取材はゆかりの人のコメント取りに切り替わりました。こちらから連絡をしたり、所属事務所から先にファクスが届いたり、ゆかりのある人がブログに気持ちを書いたりしましたが、驚いたのはその数の多さ。トップスターのアイドルが、どれだけ幅広く仕事をしていたのかが分かりますね」



 情報番組ディレクターが、そう伝えて来た。



 高校時代からロックバンドを組み、17歳でデビューした秀樹さん。



 アイドルとして歌い、演じ、2度の脳梗塞を発症した以降も、病身を隠さず歌い続けた。その「本質はロック歌手だった」とスポーツ紙OB記者。こう続ける。



「日本で初めて野球場でワンマンコンサートを開いたのが、西城秀樹なんです。1974年夏、すでにトップアイドルで、テレビドラマでも人気で俳優としても評価されていた。大阪球場で確か、ゴンドラに乗る演出などもありました。そこで歌ったのが、イギリスのロックバンド、キング・クリムゾンの『エピタフ』だったのです」



 キング・クリムゾン。プログレッシブロックの伝説的グループで、イエスやピンク・フロイドといったグループと当時は、世界中の音楽ファンを魅了していた。そのクリムゾンの楽曲を、コンサートでカバーしていたという。

...続きを読む

あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2018年5月17日の芸能総合記事
「西城秀樹さんの『傷だらけのローラ』は、大好きなイギリスロックが原点だった<br />」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    西城秀樹さんは亡くなってしまっても尊敬出来る人。テレビであのリハビリ見てたら凄かった。歌もうまいし、かっこよかった。ありがとうございました。

    4
  • 匿名さん 通報

    63歳でもこのかっこよさ。病を吹き飛ばしてほしかった。インタビューで一生懸命喋ってる姿見て涙が出ました。

    3
  • 匿名さん 通報

    あの歌がロックって、冗談言うなよ。歌謡曲そのものじゃん。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。