70歳ひとり身が痛感する「友の価値」あなたは自分の家の鍵を渡せる友達がいますか?

 1986年『女が家を買うとき』(文藝春秋)での作家デビューから、70歳に至る現在まで、一貫して「ひとりの生き方」を書き続けてきた松原惇子さんが、これから来る“老後ひとりぼっち時代”の生き方を問う不定期連載です。



70歳ひとり身が痛感する「友の価値」あなたは自分の家の鍵を渡せる友達がいますか?
シングルで少しでも明るく生きるには、身近な友達の存在が不可欠(写真はイメージ)第6回「友達がいない? 友達が多い?」

 30代は人生の中で最も迷うときではないだろうか。なぜなら、出会う人により人生が大きく変わる可能性がある年代だからだ。



「わあ、どうしよう。このままでは一生独身かもしれない」と、ひとりになると落ち込んでいたあなたが、ひょんなことから彼と出会い、フランスに住むことになるかもしれない。



 変化の可能性は、いいことばかりではない。堅い会社に就職したつもりが、合併により地方の出張所勤務になることもある。倒産することもある。30代の将来は誰も予測できない。



 ちなみに、30代のころのわたしは、暗いトンネルの中をさまよっていた。ニューヨークに留学といえばカッコいいが、自分探しの時間潰し。留学しても英語は身につかず、見た目のファッションセンスとは裏腹で、目標も見つけられずに帰国。立っていたのは、35歳独身アルバイトの自分だった。



 ボーイフレンドはいた。ボーイフレンドといっても、正直、いただけで自慢できる相手ではなかったが、彼氏がいることが、35歳のわたしにとり救いだった。シングルで少しでも明るく生きるには、だれでもとは言わないが、身近な友達という存在が不可欠だ。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2018年6月16日の芸能総合記事
「70歳ひとり身が痛感する「友の価値」あなたは自分の家の鍵を渡せる友達がいますか?」の みんなの反応 11
  • 匿名さん 通報

    友達が居ない人は不幸に決まっている、という思い込みをまず卒業しよう

    27
  • 匿名さん 通報

    「自分のために」家の鍵を渡せる相手を見つける、という発想がそもそもテメエ勝手。

    17
  • 匿名さん 通報

    皆さん、自分も年を取り爺さん、婆さんになるという事実を認めなさい。そして想像してください。自分が老人になった姿を。少しは別の考えが浮かぶかもねw。

    16
  • 匿名さん 通報

    うーむ、薄っぺらすぎてどこから突っ込んだらいいかわからない。

    9
  • 匿名さん 通報

    老兵は、死なず。ただただ消え去るのみ!!

    8
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。