《新幹線殺人》両親・祖母・伯父への徹底取材で見えた「小島一朗」ができるまで

       

 小島容疑者は突如、ナタと果物ナイフで、隣に座っていた女性2人に襲いかかった。騒ぎに気づいた梅田耕太郎さん(38)が助けに入ったが、切りつけられ命を落とした。



「誰でもいいから殺そうと思った」と供述しているという小島容疑者が、職場や自宅から姿を消したのは昨年12月21日のことだった。



 昨年11月から、岡崎市内の就労支援施設で働いていたのだが……。



「12月20日に、仕事を辞めたい、ホームレスになりたいと言い出しました。(辞める)意志は固いようで、じゃあ明日話そうと。それきり来なくなりました」(同施設職員)



 祖母には「仕事を続けられない自分が恥ずかしい。旅に出ます」と告げ、“4度目となる最後の家出”を決行する。



 警察の取り調べでは、事件直前まで長野県でホームレス生活を送っていたという。そして身内の前から姿を消した半年後に、凶行に及んだ。



■言い訳グセがついた中学時代

 事件について実父(52)は、



「許されない、取り返しのつかないことをしてしまい本当に申し訳なく思っています」



 そう謝罪を口にする。親子関係は、非常に悪かった。



「言うことを聞かず、子どものころは手をあげることもありました。中学になり、成績の悪い教科について、もっと頑張らないといけない、と話すと“〇〇君のほうが悪い”と返す。何度話しても平行線で、最終的には“僕はドベじゃないんだ”と泣き出す。



 中学では剣道部で、2年のときに1級に昇級したんですが、検定の後に“やめていい?”と言うんです。3年までやるのが部活だと言いましたが、遅刻するようになり、部活の先生から電話がかかってきていましたが、最終的には“練習の日を誰も教えてくれない”と行かなくなった。


当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「《新幹線殺人》両親・祖母・伯父への徹底取材で見えた「小島一朗」ができるまで」の みんなの反応 36
  • わんこスター 通報

    世の中には親が何をしてもまともに育たない人間も存在するのではないかと思います。子供は親とは別人格です。

    46
  • 匿名さん 通報

    こんな曖昧な記事書いて何が言いたいのか。 親子関係とか甘えとか表層的な観測に終始した、それこそ身勝手な記事を書きっぱなしで、裁判もないから言い訳も言わなくていい。最低な記事!

    35
  • 匿名さん 通報

    子供の人格は親次第。

    25
この記事にコメントする

もっと読む

「事件」に関する記事

「事件」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「事件」の記事

次に読みたい「事件」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年6月20日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。