沢田研二、70歳になった「仙人」な風貌を報じられるも衰えないその人気

沢田研二、70歳になった「仙人」な風貌を報じられるも衰えないその人気
       
沢田研二

 ジュリーこと、沢田研二が先月“古希”迎えた。それを記念して全国ライブツアーもスタート、来年の1月まで全63公演を行う。 



 いまさらだが、沢田は『ザ・タイガース』でボーカルを担当、日本のグループサウンズブームを盛り上げ、牽引した立役者である。 



 グループ解散後、ソロ歌手となってもヒット曲を次々と世に送り出し、『危険なふたり』で第4回日本歌謡大賞を受賞、『勝手にしやがれ』で第19回日本レコード大賞、第8回日本歌謡大賞を受賞するなど、日本歌謡界のレジェンドと言ってもいい。



「人気グループが次々と出てきて大流行したGSですが、ブームは'67年から'69年までのわずか2年ほどでした。ブームが去ると、解散するグループも次々と出てきて、リードボーカルと呼ばれていた人の中にはソロ歌手になる人も出てきました。結局、息長く歌い続けているのは“ショーケン”こと萩原健一と沢田さんくらいでしょうね」(芸能プロ関係者)



 半世紀が過ぎ、ジュリーももう70歳。髪は白くなり、口ひげ、あごひげも真っ白だ。お腹も出ている。



 近影を捉えた『女性自身』(7月24・31日号)は彼のことを“仙人”と評している。



 ラメ入りアイシャドーのメイクに、シースルーのシャツ。あるときは電飾スーツにパラシュートを背負い熱唱した沢田だが、今の姿からは想像もできない。それどころか、街ですれ違っても気づかない人も多いだろう。



「芸能人は実年齢よりも、若く見られがちです。また、見られることを意識していますから、美容にも服装にも気を遣う人が多いです。


当時の記事を読む

沢田研二のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「沢田研二」に関する記事

「沢田研二」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「沢田研二」の記事

次に読みたい「沢田研二」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年7月17日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。