「あなたは発達障害です」と言ってほしい女性たち…完璧主義の生きづらさ

「あなたは発達障害です」と言ってほしい女性たち…完璧主義の生きづらさ
拡大する(全1枚)
もしかして、私も発達障害かも……過熱している「発達障害バブル」とは(写真はイメージ)

 現在、発達障害の専門外来では、予約から診察まで3か月待ちは当たり前といった状況が続いているという。わが子の行動やコミュニケーションに不安を抱く親たち、また仕事や人間関係の尽きない悩みに原因を求めるおとなたちが列をなしている。



『「発達障害」と言いたがる人たち』(SBクリエイティブ)の著者であり、精神科医の香山リカさんに、現代の生きづらさの原因を「発達障害」に求める人たちの心理と時代背景について聞いてみた。



■「片づけられない私」「空気が読めない私」

 ここ7、8年ほど、診察室に時折こう訴える人たちがやって来るようになった。多くは女性だ。



「私、発達障害なんじゃないでしょうか。たぶん注意欠陥障害(ADD)か注意欠陥多動性障害(ADHD)だと思います。あ、コミュニケーションも苦手だから、アスペルガー症候群の可能性もあるかもしれません」



 最初の頃は私も、「子どものうちには見逃され、おとなになってからはっきりする発達障害も多いらしい。この人もその可能性が高いのではないか」と考えて、問診を進めていた。



 精神科医の市橋秀夫氏は、論文で「わが国ではADD/ADHDの児童期受診率は低く、成人になって受診に至るケースが多い」と述べている。なぜなら、この人たちは「社会人となってから時間管理、正確さと速度、同時並行作業や情報の綿密性を要求されて事例化すると考えられる」からと言う(「注意欠如性障害者の生きにくさの源泉──社会・文化的枠組みからの考察──」『精神科治療学』第25巻07号 2010年7月)。相談に来る女性たちもこれと同じケースなのだろうか、と私も考えたのだ。


当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「あなたは発達障害です」と言ってほしい女性たち…完璧主義の生きづらさ」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ただのかまってちゃんだろ。面倒くさい

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「発達障害」に関する記事

「発達障害」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「発達障害」の記事

次に読みたい「発達障害」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク