佳子さま、来年3月ICUご卒業後の進路は「パフォーマンス関連」の団体か

佳子さま、来年3月ICUご卒業後の進路は「パフォーマンス関連」の団体か
拡大する(全1枚)
馬術大会開会式で「日ごろの練習の成果を存分に発揮してください」とエールを(7月25日)

「今日、参加されている方々にも大きな被害があったと聞いております。心よりお見舞い申し上げますとともに、被災地の復旧が速やかに進むことを願っております」



 うだるような暑さが続いていた7月25日、静岡県御殿場市で開かれた『全日本高校馬術競技大会』の開会式でそう話されたのは、秋篠宮家の次女・佳子さま



「佳子さまが同大会の開会式に出席されるのは、'15年と昨年に続いて3回目です。



 会場に到着した際には、地元の保育園児の出迎えに対して“待っていてくれてありがとうございます”“みんなは何歳ですか?”などと交流されていました。



 開会式で出場選手にエールを送ったあと、午後に行われた競技を観戦してお帰りになりました」(皇室担当記者)



 6月中旬にイギリス留学を終えてからは、初めての単独公務をこなされた佳子さまだが、ある秋篠宮家関係者はこんなエピソードを明かす。



「実は今回のご臨席に関しては、ぎりぎりまで悩まれていたようで、出席が決まったのは直前だったようです」



 皇室ジャーナリストはその理由を、佳子さまの“お立場”を踏まえてこう説明する。



「ICU(国際基督教大学)4年生の佳子さまは、今年が最後の夏休みです。9月から始まる2学期に向けてのお勉強もあると思いますし、お友達とのご予定もあるでしょう。



 しかし、皇族減少が叫ばれる今の皇室にとって“キーマン”である佳子さまは、成年皇族としての自覚が強いからこそ、夏休み中でも公務に励まれているのだと思います」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク