<ヤバ女列伝>錦織圭が復活しても、なぜ恋人・観月あこをほめる記事はないのか

 華やかな芸能界をはじめ、一般社会にも潜むたくさんの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」。持ち前の鋭い観察眼と深読み力に定評があるライターの仁科友里さんが、「ヤバジョ」の魅力をひもといていきます。



<ヤバ女列伝>錦織圭が復活しても、なぜ恋人・観月あこをほめる記事はないのか
観月あこ (c)産経ビジュアル第3回 観月あこ

 7月に開かれたウィンブルドン選手権で、プロテニスプレイヤーの錦織圭が自身初の準々決勝に進出しました。惜しくも敗れてしまいましたが、日本人選手がベスト8に進出するのは、1995年の松岡修造以来の快挙です。



 ということはアレが来るはず。



 私はワクワクしながら、楽しみに待っていたのです。しかし、待てど暮らせどアレはやってこない。



 あのお、どうして錦織の恋人である、観月あこをたたえる記事はないのでしょうか。



 日本は、成功のカギを女性が握ると信じている国です。



 たとえば、子どもが有名大学に入ったり、オリンピックでメダルをとれば、「母親の育て方がすばらしいからだ」とほめそやされます。勝負の世界では、もっとこの傾向が顕著で、男性アスリートがスランプに陥ったり、勝てなくなると、交際相手や妻は“さげマン”と呼ばれます。女性アスリートが結婚して、成績が落ちても、夫は“さげチン”と呼ばれることはないのが、なんとも不思議でなりません。



 2017年、錦織がケガにみまわれて、世界ランキングを下げた時、慣例どおり、交際相手である観月あこを“さげマン”と書く週刊誌は多数ありました。アスリートにケガはつきものですし、一度もスランプのない選手などいないでしょうから、この言い草はどうかなぁと思うのですが、百歩ゆずって「勝てば“あげマン”、負けたら“さげマン”」ルールを受け入れるとしましょう。それならば、今季、錦織は歴史的な活躍をしたわけですから、“あげマン”と言われてもいいはず。それなのに、誰も観月をほめない。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年8月4日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。