オウム元死刑囚の母「ごめんなさい。ごめんなさい」と繰り返す姿に隣人らの反応は

オウム元死刑囚の母「ごめんなさい。ごめんなさい」と繰り返す姿に隣人らの反応は
拡大する(全1枚)
麻原元死刑囚の遺骨が保管されている東京拘置所

「申し訳ありません。まだ心の整理がついていませんので、申し訳ありませんが……」



 東京拘置所で7月6日に死刑が執行された土谷正実元死刑囚(享年53)の母親は同31日、小さく消え入るような声でインターホン越しに話した。



 執行直後に訪ねたとき、名乗っただけで窓をピシャッと閉められた。そこで取材の意図を綴った手紙をポストに投函し、再訪すると、冒頭のように丁寧に答えたのである。



■死刑囚らの家族はいま

 土谷元死刑囚は、地下鉄サリン事件などで死者29人、負傷者6500人以上という戦後最大級の集団無差別殺傷事件を起こしたオウム真理教に出家し、大量殺戮兵器のサリンなどを製造した幹部だった。遺骨は実家へは戻っておらず、獄中結婚した一般人の妻が引き取ったとされる。



 実家は東京都町田市の郊外にある。約50年前に一戸建てを購入した両親と3人の子どもで暮らしていた。



 しかしーー。



「地下鉄サリン事件の直後に父親は体調を崩して60歳ぐらいで亡くなり、弟や妹も幸せになったとは聞いていない。妹は一時、海外へ渡っていたけどね。かわいそうだから、そっとしておいてあげて」



 と近所の主婦。



 現在は母親ひとりでほとんど外出せず、買い物も配達してもらうなどして、ひっそりと暮らしているようだ。



「わが子が死刑になったのだから、悲しい気持ちぐらいは公言してもいいんでしょうが、事件の犠牲者やいまも苦しんでいる被害者のことを考えて、発言を控えているんでしょうね」(近所の男性)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク