〈ガザ地区〉丸腰の人を実弾で撃つ “非人道的行為” に日本ができることとは<br />

 失業率49%、移動の自由も許されない「天井のない監獄」で、明日がみえない暮らしの続く中東・パレスチナ自治区ガザ。人々による命がけの抗議デモが続き、多数の死傷者を出している。2003年から支援活動を行っている『日本国際ボランティアセンター』(JVC)パレスチナ事業担当の並木麻衣さんがレポートする。

〈前編はこちら〉



〈ガザ地区〉丸腰の人を実弾で撃つ “非人道的行為” に日本ができることとは<br />
負傷者を救護する医療者たち(撮影/志葉玲)■命がけの抗議と衝突

 パレスチナ・ガザ地区の人々の大部分は、イスラエル政府による封鎖前、日本の私たちとあまり変わらない暮らしを送ってきた。



 人々は衛星放送でサッカー・ワールドカップの中継を楽しみ、家庭では洗濯機や冷蔵庫を活用して、家事をこなす。当たり前のように携帯を持ち、店ではスマートフォンも売られている。



 しかし今では、戦争で破壊された火力発電所が半分しか稼働せず、燃料を輸入する資金や支援も十分にないために、それらを使うための電気がない。病院すら医療用の機械を十分に動かせず、糖尿病患者の人工透析機器を手動で回す。



 戦争中は手術室のライトもつけられず、携帯電話のバックライトをかざして手術をしていたという。自前の発電機を使って最低限の電源を確保するものの、それを動かすガソリンも慢性的に不足している。



 いつ封鎖が終わるかわからず未来のないガザでは、暮らしていくことはできない。特に若者たちは、その半数がガザから出て行くことばかりを考えているという。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2018年8月17日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら