浅田美代子が動物愛護法改正に向け署名活動 彼女が見た『悪徳繁殖業』の実態

浅田美代子が動物愛護法改正に向け署名活動 彼女が見た『悪徳繁殖業』の実態
浅田美代子

「動物虐待の厳罰化と、悪質な繁殖業者を減らす対策がなされるかどうかが争点となっています」(一般紙記者)



 今秋にも改正される動物愛護法。この法律は、動物の愛護と適正な飼育、そして動物がらみのトラブルから生命・身体や財産を守ることを目的としているものだ。



「ペットと生活をともにする人が増え、飼育の目的や方法が変化してきたため、『動物の愛護及び管理に関する法律』が’00年に施行され、その後、何度か改正されてきました」(同・一般紙記者)



 動物愛護法は5年をめどに施行状況の確認を行う。今年はちょうど改正の年にあたるため、愛護団体や活動家らは、法改正に向けて署名運動などを行っている。女優の浅田美代子(62)も、今年4月4日には環境省を訪問し、法改正で厳罰化を求める人の署名16万6895名分を手渡した。



「浅田さんは署名活動のほか、改正に向けた集会や、社民党の福島みずほ議員や自民党の尾辻秀久議員が代表を務める『犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟』にも参加しています」(同・一般紙記者)



■保護犬を飼い始めて気づいた“偏見”

 そんな彼女は、現在のペットを取り巻く環境についてどう考えているのか。活動の原点は、9年前に保護犬を引き取ったことにあるという。



「ある団体との出会いで、まずは保護犬を引き取ってみようと思ったんです。実際に飼い始めて暮らすうちに、徐々に懐いてきてくれたんです。ある日、仕事から帰ってきたときにしっぽを振りながら迎えに来てくれて、その姿にすごく感動したと同時に、こんなかわいい子たちが日々殺されている状況が許せなくて、活動を始めました」(浅田、以下同)


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「浅田美代子が動物愛護法改正に向け署名活動 彼女が見た『悪徳繁殖業』の実態」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    買わなければ良いだけの話。

    3
  • 匿名さん 通報

    良いブリーダーなんかいない。ブリーダーも悪徳繁殖業と同じ。

    3
  • 匿名さん 通報

    ペット業者は売れ残りの犬を殺して道路に放り投げ、保健所に「犬が死んでいるから始末して」と電話する。保健所員さんは業者の手口が分かっているから悔しいんだがどうにもならない。

    3
  • 匿名さん 通報

    性奴隷だな繁殖産業は。

    2
  • 匿名さん 通報

    捨て犬や捨て猫を保護して医者に診せて里親を探す活動をしている人たちに、猛烈な嫌がらせをする外道がいる、、。あるいは「おたくで引き取らないんだったら殺すけど?と平然と言うやつまでいる。

    2
この記事にコメントする

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年9月6日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。