工藤静香が『女が嫌いな女』1位になった理由「いつの時代も女帝は恐れられる」

工藤静香が『女が嫌いな女』1位になった理由「いつの時代も女帝は恐れられる」
'13年に『週刊女性』本誌が撮影した工藤静香

 『週刊文春』で恒例の企画『女が嫌いな女』ランキング、ついにその結果が出た。



 2位に200票の差をつけて、“栄えある”1位に輝いたのは工藤静香だ。この企画は今年で13回目になる。静香は'15年には37位と振るわなかったのだが、“SMAP騒動”があった'16年は5位、そして昨年は4位。着実に順位を上げてきたのがわかる。



 『文春』の記事には、



木村拓哉がこの人とさえ結婚していなければSMAPにも間違いなく違う未来があったはずです》



 という、少々飛躍していると思うような意見をはじめ、



《言うことがいちいちSMAPファンの気持ちを逆なでする》



《元々嫌いだったが、娘を押し出してきた最近は、腹黒さを感じて嫌いさに拍車がかかってきた》



《夫のことも娘のことも自分が目立つための踏み台にしてるとしか見えない》



 などと、静香を嫌う人たちの“理由”が羅列されているが、ほとんど感情的な意見だと見て取れる。



■一気にアンチが増え出して

 それにしても、静香はどうしてこんなに嫌われるのだろうか。



 静香が木村拓哉と結婚したのは、いまから18年前の'00年12月。妊娠4か月の“授かり婚”だった。



 『おニャン子クラブ』の一員だった静香が、注目されるようになったのは'87年ごろ、生稲晃子、斉藤満喜子とともに派生ユニット『うしろ髪ひかれ隊』として活動を開始してからだ。



 人気が下火になり始めた『おニャン子』の中でひとり気を吐き、脚光を浴びるようになっていった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 工藤静香 Instagram
  2. 工藤静香 Koki
  3. 工藤静香 嫌いな女
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2018年9月7日の芸能総合記事
「工藤静香が『女が嫌いな女』1位になった理由「いつの時代も女帝は恐れられる」」の みんなの反応 9
  • 匿名さん 通報

    スゲー馬鹿な記事、全然分かって無いね、この記者!生理的にイヤな女、SMAP関係なく嫌いだわ。

    14
  • ニャニャー 通報

    表情から見てシワシワババアだけじゃない、本性はヤクザの女という感じで怖がられる。もう芸能人ではない!

    7
  • 匿名さん 通報

    見たくないのにインスタやったりしてるね。あなたのファンもいるかもしれないが、見たくないと思う人の方があなたのファンより圧倒的に多いことをお忘れなく!

    6
  • 匿名さん 通報

    キムタク(キムチたくあん)

    4
  • 匿名さん 通報

    いつから女帝に? 世間で工藤を女帝と思ってる人いないやろ笑 いくら貰って上げ記事依頼されたの?

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「工藤静香 + Instagram」のおすすめ記事

「工藤静香 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「工藤静香 + Koki」のおすすめ記事

「工藤静香 + Koki」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「矢口真里」のニュース

次に読みたい関連記事「矢口真里」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。