川谷絵音、預金額が大ピンチで次なる一手は「無名の新人」プロデュース

川谷絵音、預金額が大ピンチで次なる一手は「無名の新人」プロデュース
拡大する(全1枚)
川谷絵音

《自虐ツイートがバズった後は、ツイッタラーとしての自分は歓喜し、アーティストとしての自分は枕を濡らします》



 このツイートの主はロックバンド『ゲスの極み乙女。』のボーカル・川谷絵音。ベッキーとの不倫、ほのかりんとの未成年飲酒騒動という2つの『文春砲』を受けて、はや2年9か月。アーティストとしての川谷の活動は順調そのもののように思える。



「川谷さんは騒動前から在籍していた『ゲスの極み乙女。』と『indigo la End』に加えて、小籔千豊がボーカルを務める『ジェニーハイ』と『ichikoro』『DADARAY』と5つのバンドで活動。10月公開予定の千原ジュニアさん主演の映画『ごっこ』では主題歌も書き下ろし、順調に仕事が増えています」(レコード会社関係者)



 しかし、彼が映画主題歌を担当するのには、こんな理由があったという。



「実はこの作品、'16 年の初めには撮影が終わっていたのですが、出演者の清水富美加さんが出家してしまい“お蔵入りでは?”と騒がれた映画。



 しかも、業界でもスタッフのギャラの踏み倒しで有名な会社が製作に入っていることもあって、主題歌を引き受けてくれる人がなかなかいなかったんです。川谷さんが受けたのは、支払わなければならないものがあるみたいなので……」(同・レコード会社関係者)



 '14 年4月に『ゲスの極み乙女。』としてデビューした川谷は、『ロマンスがありあまる』などのヒットを飛ばし、紅白歌合戦に出場するなどブレイクしていた最中、スキャンダルに見舞われる。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ベッキーのプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ベッキー」に関する記事

「ベッキー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ベッキー」の記事

次に読みたい「ベッキー」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク