<ヤバ女列伝>工藤静香が『女が嫌いな女』1位になっても幸福の中にいる理由

「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。ライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「良いヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。
<ヤバ女列伝>工藤静香が『女が嫌いな女』1位になっても幸福の中にいる理由
工藤静香第7回 工藤静香

『週刊文春』主催の企画「女が嫌いな女ランキング2018」で、トップに輝いた工藤静香。クイーンに輝いたのは今回が初めてですが、もとから女性に人気があるタイプではないように思います。



 そもそも、工藤サンは女性ウケを気にしていないのではないでしょうか。



 ソロデビューしてまもなく、『FU-JI-TSU』を歌っていた頃の工藤サンが『ザ・ベストテン』(TBS系)に出演した時のこと。結婚の話題となり、「どんな結婚式がしたいか?」と聞かれた工藤サンは「結婚式に限らず、すべて旦那さんに任せて、好きなようにしてほしい」と答えます。「夫に浮気をされたらどうしますか?」という質問には「自分に魅力がないんだから、しょうがないんじゃないですか?」とオトコを責めず、すべてオトコに合わせるスタンスを明らかにします。



 その一方で、おニャン子クラブ時代を振り返る際、「コンサートの時に静香だけ、どうしてレーザービームを使うの? って言われた」など、オンナに嫉妬された話を必ずといっていいほどする。



 また、オトコを盗ることもやぶさかでなさそうです。工藤サンは一時、中山美穂と親しいアピールをしていましたが、突然お互いの名前を出さなくなります。その理由は、トシちゃんこと田原俊彦。当時、中山美穂と交際し、結婚も秒読みと言われていました。『新春かくし芸大会』(フジテレビ系)で三人は共演しますが、なぜかトシちゃんと工藤サンが現場で手をつないでおり、それを中山美穂が目撃したことで、工藤サンと決裂したという記事を週刊誌で読みました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 工藤静香 Instagram
  2. 工藤静香 Koki
  3. 工藤静香 嫌いな女
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2018年9月29日の芸能総合記事
「<ヤバ女列伝>工藤静香が『女が嫌いな女』1位になっても幸福の中にいる理由」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    男が逃げたいと思う時、女は過剰な相思相愛を主張する。そういう女が世の中に存在している。

    7
  • ニャニャー 通報

    この写真を見る限り、今やヤクザの女・・・SMAP騒動以来、すっかり嫌われ者になるもメリーに可愛がられているのは周防を通して。しかしやがてはこの3人も芸能界から追放されて、四面楚歌に。

    4
  • 匿名さん 通報

    怖いよおー

    2
  • 匿名さん 通報

    こんだけ叩かれても嫌われても勝ち組なんだよなあ。週刊誌のライターより。そりゃあ叩きにも力が入ろうというもの。

    1
  • 匿名さん 通報

    単に太々しいからじゃないの?

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「工藤静香 + Instagram」のおすすめ記事

「工藤静香 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「工藤静香 + 木村拓哉」のおすすめ記事

「工藤静香 + 木村拓哉」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「和田アキ子」のニュース

次に読みたい関連記事「和田アキ子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。