新納慎也、三谷幸喜からの「突然のラブコール」とオファー理由を振り返る
拡大する(全1枚)
新納慎也 撮影/森田晃博

 黒澤明監督の映画の中でも、『生きる』はとりわけ高い評価と人気を誇る作品。60歳の定年を控えたまじめな役人が、がんで余命が少ないことを知ってから、本当に生きる意味を知るという物語だ。



■思いついた人天才!

 この作品が、黒澤映画として初めてミュージカルになる。ストーリーテラーの役割も担う小説家役を、小西遼生さんとWキャストで務める新納慎也さんは



「この話を聞いた当初は、僕も“これどうだろう、失敗するんじゃないかな?”と思っていました」と笑う。



「だって黒澤監督を好きな人たちは“ミュージカルなんて軟弱だ”と思っている人が多そうじゃないですか。世界観としてもテイストも真逆だし、難しいんじゃないかと。



 でも春に、早い段階でリーディング(本読みと歌合わせ)があったんですね。そのときに稽古場でセリフや歌を聴いて“これミュージカルにしようって思いついた人、誰? 天才!”と180度、意見を変えることとなりました(笑)」



 主人公の渡辺勘治は、口下手ゆえに無口で不器用。



「そんな渡辺さんの心情が、歌になることによってものすごく伝わってくるんです。“そう感じているんだ”って映画を見たときもわかってはいたんですけど、“歌にされるとよけいに揺さぶられる、感動が倍増するよぉ!”と毎日思わされています。『生きる』という作品がまさに“生きて”刺さってくるんです」



 渡辺に夜の遊びを教える小説家という役は、映画での登場場面はごくわずか。