がんの夫を看取って僧侶の道へ進んだ看護師「仏教を医療の現場に生かしたい」

がんの夫を看取って僧侶の道へ進んだ看護師「仏教を医療の現場に生かしたい」
拡大する(全1枚)

 朝の明治神宮に、ぞろぞろと人が集まってくる。



 中高年の女性を中心とした顔ぶれは、日帰りバスツアーの集合風景のようだ。



「おはようございます。こちらで受付をお願いします!」



 大きく手を振りながら迎えるのは、僧侶で、現役のベテラン看護師でもある、玉置妙憂さん(53)。



がんの夫を看取って僧侶の道へ進んだ看護師「仏教を医療の現場に...の画像はこちら >>
僧侶でベテラン看護師の玉置妙憂さん

 その日は、妙憂さん主宰の『祈りの会』が行われることになっていた。



「毎回、瞑想(めいそう)や音楽を取り入れて、いろんな形で祈りの効果を体感してもらっています。今日は、明治神宮を散策して、ご祈祷(きとう)を受け、ゲストの講演を行う予定です」



 そう話すと、「ちょっと失礼します」と言い置いて、「それでは、今日の予定をお話しします!」と、メモを片手に、参加者に案内を始める。



 50人あまりの参加者は、闘病中の患者や、その家族のほか、医療や福祉の現場で働く人も多い。



 そのひとり、特別養護老人ホームに勤務する看護師は、参加の目的をこう話す。



「最近は老人ホームでも看取(みと)りの機会が増えています。ご家族が悔いなく見送れるように、看護師としてどう言葉をかければいいか、妙憂さんのお話を参考にしたくて来ました」



 多くの人が耳を傾けたくなるのは、妙憂さんが医療現場を熟知した僧侶、という特別な存在だからだろう。



「介護するご家族やスタッフは、自分のことを後回しにして患者さんに尽くしがちです。でも、そういう人ほど、燃え尽きてしまう。仏教では、自分の利益と、人のための利他は、同じくらいに大切だと説いています。患者さんを大切にするためにも、まずは、自分を大切にしてほしいとお伝えしています」


当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク