隅田川沿いに暮らすホームレス「生活保護は受けたくない。こっちには自由がある」

 五輪開催まで2年を切った東京でホームレスを訪ね歩くと、その簡素な暮らしぶりや知られざる現況に触れることができる。今回、紹介するのは隅田川沿いから皇居外苑、東京駅まで。欧米系女性ホームレスは夜の恐怖を語った。
(文/フリーライター山嵜信明と週刊女性取材班)
隅田川沿いに暮らすホームレス「生活保護は受けたくない。こっちには自由がある」
隅田川を挟んで墨田区側に7つのテントが並ぶ

 山谷で取材中、商店の女性店主が、



「ホームレスのテントは隅田川のほとりにありますよ。6年前に開業したスカイツリーの展望台から見えるから、台東区側のテントは1つになってしまったけれど、足下の墨田区側は見えないので、まだいくつか残っていますよ」



 と教えてくれた。



 山谷から徒歩20分ほどで台東区と墨田区をつなぐ言問橋に到着。隅田川を挟んで、台東区立隅田公園と墨田区立隅田公園がある。桜のシーズンは大勢の花見客で賑わう都内有数の名所だが、10数年前には無数のテントが存在した。



 ところが、台東区側にはひとつもテントが見当たらない。隅田川のほとりの遊歩道を歩くと、ポツンとブルーシートのテントが見えてきた。ここに永山和夫さん(75・仮名)が住んでいた。



「夏の花火大会やお花見シーズン、早慶レガッタのときなど人が集まる時期は“しばらく移動して”と行政から言われるので、そのときだけはテントをたたんで別の場所で寝ています。でも、それ以外はずっとここ。スカイツリーができるときは公園やここでテントを張っていた仲間がずいぶん出ていったけれど、オレは28年前から住んでいるから、しかたなく黙認されているんだろうね」と永山さん。

あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2018年10月21日のライフスタイル記事をもっと見る
「隅田川沿いに暮らすホームレス「生活保護は受けたくない。こっちには自由がある」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ドキュメンタリーは簡潔に、荒川や多摩川シリーズの日を改めてくれたのは賢明でした

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。