サンミュージック相澤正久社長、創業50年を語る「タレントは家族」

サンミュージック相澤正久社長、創業50年を語る「タレントは家族」
サンミュージックプロダクション相澤社長(撮影/坂本利幸)

「50周年。“長かった”の一言ですね」



 こう話すのは、芸能事務所サンミュージックプロダクションの相澤正久社長だ。



 サンミュージックといえば、今ではダンディ坂野カンニング竹山鳥居みゆき髭男爵、そして小島よしおスギちゃんメイプル超合金など、バラエティー番組でよく見かける芸人が所属する「お笑い事務所」というイメージが強いかもしれない。



 しかし、さかのぼること50年前、実は歌手・俳優専門の事務所としてスタートしていた。



■歌手・俳優からアイドル

 先代の故・相澤秀禎氏(正久氏の父)は、もともと横須賀を中心にバンドマンとして活躍。しかし'63年、名古屋の喫茶店で昭和歌謡の元祖「御三家」のひとり西郷輝彦をスカウトし、デビューさせる。そのなかで人材を発掘し、世に送り出してムーブメントを起こすことに魅力を感じた先代は、タレント探しに奔走したという。



 ある日、日劇ダンシングチームのダンサーの弟に美男子がいるとの評判を聞き、現名誉顧問の福田時雄氏(元専務)が駆けつけると、そこにいたのは森田健作(現千葉県知事)だったそうだ。



「当時、森田は大学受験のため、浪人中でした。親御さんからも芸能界入りを断られたそうですが、何度も口説いたそうです。それこそ、美味しいものを何度も食べさせて、ようやく首を縦に振らせました。やはり人間、美味しいものには勝てませんね(笑)」

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。