<ヤバ女列伝>小泉今日子、不倫で批判噴出! でもヤバいのは小泉サンだけじゃない

「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。ライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「良いヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。
<ヤバ女列伝>小泉今日子、不倫で批判噴出! でもヤバいのは小泉サンだけじゃない
小泉今日子第10回 小泉今日子

 キャラがかぶってはいけない。それは芸能界の鉄則と言っていいでしょう。



 たとえば、’80年にデビューした松田聖子聖子ちゃんカットとぶりっ子が彼女の代名詞で大ブレイクしましたが、聖子が売れているからといって、聖子の真似をしても意味がない。こういう時は、あえて松田聖子の正反対を行くような存在にならないと、注目は集まらないのです。’82年にデビューした中森明菜はどこか陰を感じさせる存在でした。その結果、松田聖子VS中森明菜という図式で、お互いがお互いを引き立てあうことに成功したのでした。



 曲や衣装はもちろんのこと、聖子と明菜は恋愛の仕方も真逆でした。



 松田聖子は郷ひろみと結婚間近と言われていましたが、破局。会見で「生まれ変わったら、一緒になろうねと言われた」と涙ながらに明かしましたが、その翌月には俳優・神田正輝と交際宣言をしています。結婚後も引退せず芸能活動を続けますが、多くの男性との不倫がウワサされました。2012年には歯科医と3度目の結婚を果たしています。



 対する明菜は、近藤真彦との交際が報じられます。七夕が近かったころの『ザ・ベストテン』(TBS系)で、「どんなお願いをしたの?」と司会の黒柳徹子に聞かれた明菜は「早くお嫁さんになりたい」と結婚願望を明らかにします。カメラが死んだような近藤真彦の顔を映しているのが印象的でした。その後、二人の関係はこじれ、明菜はマッチの家で自殺未遂を図ります。芸能界に復帰した明菜ですが、体調不良による活動休止がたびたび報じられるなど、何かとトラブル続き。強い結婚願望を明かしていましたが、現在も独身です。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 小泉今日子 ドラマ
  2. 小泉今日子 映画
  3. 小泉今日子 熱愛
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2018年11月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「小泉今日子 + 映画」のおすすめ記事

「小泉今日子 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「小泉今日子 + ドラマ」のおすすめ記事

「小泉今日子 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「北乃きい」のニュース

次に読みたい関連記事「北乃きい」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。