雅子さま、15年ぶりの園遊会フル参加に感じる強いご意志

雅子さま、15年ぶりの園遊会フル参加に感じる強いご意志
拡大する(全1枚)
11月9日の午後2時過ぎ、黄色地に紅葉模様があしらわれた秋らしい着物姿でお出ましに

「11月9日の午後、東京・赤坂御苑で天皇・皇后両陛下が主催する秋の『園遊会』が行われ、出席者は約1800人にのぼりました。



 主な招待者はスポーツや文化事業などの各界で功績を残した人々が選ばれます。今年は、脚本家の三谷幸喜(57)や、平昌パラリンピックで金メダルを獲得した成田緑夢選手(24)などが出席していました」(皇室担当記者)



 今回の女性皇族方は、それぞれ艶やかな着物をお召しになり、招待者との会話を楽しまれていた。



 園遊会では毎回、そのときどきで招待者がかわるのだが、'14年秋の園遊会に出席した歌手のイルカ(67)に、当時の思い出を聞いた。



「非常にうれしかったのは、美智子さまが“きれいなお着物ですね”とおっしゃってくださったことです。“私が描いたものなんです”と話すと、“まあ!”と驚いてくださって」



 この日にイルカが着た着物は、自身がデザイン・手描き・染めをしたものだったという。



「私が制作している着物はすべて、国際自然保護連合(IUCN)の親善大使としての立場で描いているので、生物多様性や絶滅危惧種などをテーマにしています。



 このときの着物には、里山の生き物たちが、食べものを分け合って暮らしていくというメッセージを込めました。秋の里山を代表する生き物たちであるウサギやサル、タヌキなども描き、深い緑色をベースに真っ赤な紅葉を散らしたものです」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク