雅子さま、愛子さまの学校行事見学をお控えになるメリハリ公務術

雅子さま、愛子さまの学校行事見学をお控えになるメリハリ公務術
拡大する(全1枚)
愛子さま

「11月17日、皇太子ご夫妻は東京都江東区にある『海の森公園』の予定地に足を運ばれました。



 おふたりは、『全国育樹祭』に伴う植樹へのお手入れをされ、雅子さまは手伝った子どもたちと笑顔で交流されていましたよ」(皇室担当記者)



 雅子さまといえば、11月9日に開かれた『園遊会』で、15年ぶりに全行程を歩かれたのが記憶に新しい。



「両陛下にとって“人生最後”の園遊会で、女性皇族方は和装で出席されていました。



 招待者と歓談されている際、両陛下と皇太子ご夫妻の間にある程度の距離ができたのは、多くの人々にお声がけをされていたからだそうです。



 しかし当日は、雨で和装だったこともあり、後半にはそうとうお疲れになっていて、何とか乗り切ったようにも見えました」(東宮職関係者)



 それほどまでにお疲れになる園遊会に出席したのは、新皇后としての強い自覚をお持ちだったからだろう。



 その一方で、15年ぶりの全行程参加を実現できた背景には、雅子さまなりの“工夫”があったという。



 例えば、先日行われた愛子さまの文化祭でのこと。



「11月3日と4日に、学習院女子中・高等科で『八重桜祭』が開かれました。3日には、高等科2年生の有志で作られたダンスチームで、愛子さまがポンポンを持ってキレキレのチアダンスを披露されていました。



 ご自分の出番の合間には、司会者としてダンスに出るメンバー紹介をされて会場を盛り上げていましたよ」(目撃した保護者)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク