上沼恵美子が“審査員批判”騒動で「一番ショック」と感じていたこと

上沼恵美子が“審査員批判”騒動で「一番ショック」と感じていたこと
上沼恵美子

 『Mー1グランプリ2018』は霜降り明星が第14代目グランプリの栄冠を獲得した。



 しかし今、それよりも話題になっているのが、審査員を務めた上沼恵美子に対する後輩からの暴言騒動。



 前回大会の王者、とろサーモンの久保田かずのぶと、今年のファイナリストであるスーパーマラドーナの武智が大会後の打ち上げ後、インスタライブの動画で上沼恵美子の審査姿勢に「クソが!」「更年期障害か」などとこき下ろしたことで瞬く間に大惨事へと発展した。



 酒に酔った勢いで配信された動画はすでに削除されているが、翌日ふたりはツイッターで謝罪する事態に。



■「彼らは終わってしまうかもしれない」

「酔いがさめてから、ことの重大さに気が付いたんじゃないでしょうか。お笑い界だからといっても、大先輩に向かっての暴言は許されるものではありません。



 それに『Mー1』の制作、そして放送したテレビ局をも侮辱したことになりますから。今田耕司さんや岡村隆史さんなど先輩芸人が彼らの代わりに上沼さんへ謝罪をするほどの大ごとに発展してしまいましたね」(芸能プロ関係者)



 在阪テレビ局幹部は、「彼らは終わってしまうかもしれない」と指摘する。



「上沼さんは、関西の“女帝”と呼ばれていますが、よく言われるネガティブな意味での“女帝”ではなく、愛される存在なんです。関西の人間で、彼女を悪く言う人を見たことがありません。



 ですから、ネットでは彼らに対して非難ごうごうですよ。彼女のコンビに対する“好き”、“嫌い”は単に感情的に言っているのではなく、ネタに対する評価と同じなんです。直接的に“面白くない”と言ってしまうより、“嫌い”のほうが傷つかなくて済む。彼女なりの愛情表現でもあったんです。暴言を吐いたふたりも同じ関西芸人にも関わらずそれがわかっていなかったのは残念です」(在阪テレビ局幹部)

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 上沼恵美子 M-1
  2. 上沼恵美子 関西
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2018年12月7日の芸能総合記事
「上沼恵美子が“審査員批判”騒動で「一番ショック」と感じていたこと」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    「オバハン」「更年期」は批判でも何でもなくただの罵詈雑言。しかも酔ってたんでしょ。だからこうなった。まず日本語を勉強しましょう。

    3
  • 匿名さん 通報

    笑うという行為は感情に基づいて行われる。それを理解出来ない創価芸人気違い久保田と無駄に付和雷同しているバカ信者()

    2
  • 匿名さん 通報

    更年期障害というカード切った時点で完全終了だった()

    2
  • 匿名さん 通報

    「オバハン」「更年期」などボキャ貧が露呈するワードに頼るなんて未熟そのもの←正論。だから創価芸人は『面白い/面白くない』という行為が感情に基づいて行われる理解もない()。

    1
  • 匿名さん 通報

    このケースが該当するかわからないが、やったら被害者であることを周りにアピールしまくって攻撃しようとする奴いるよな。実質加害者なんだが。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「上沼恵美子 + M-1」のおすすめ記事

「上沼恵美子 + M-1」のおすすめ記事をもっと見る

「上沼恵美子 + 関西」のおすすめ記事

「上沼恵美子 + 関西」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ふかわりょう」のニュース

次に読みたい関連記事「ふかわりょう」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。