“水と安全はタダ”は夢のまた夢、「人もモノもカネもない」日本の水道が大ピンチ!

“水と安全はタダ”は夢のまた夢、「人もモノもカネもない」日本の水道が大ピンチ!
※写真はイメージです

 人間の生命維持に欠かせない血管の全長は約10万キロメートル、地球2周半の長さだが、日本中に張り巡らされている水道管の全長は約66万キロメートル、地球16周分の長さになる。



 その水道管が今、日本中で老朽化し、ボロボロになっているという。



■日本の水道は危機だらけ

「水道管の耐用年数は約40年といわれていますが、とっくに還暦を迎えている。1年間で約2000か所、日本のどこかで毎日破裂している。水道管をすべて更新するには130年以上もかかります」



 そう指摘するのは、世界の水事情に詳しく国連テクニカルアドバイザーも務めるグローバルウォータ・ジャパンの吉村和就代表だ。そして、



「人もモノもカネもないのが、日本の水道の現状です」



 と問題点を指摘する。吉村代表に深掘りしてみると――。



 足りない「人」とは。



「20年前は水道事業従事者は約8万人いましたが、現在は5万人を切っている。これの何が問題かというと、計画的に管路をつくるノウハウを持っている人がいなくなる。市町村のどこにパイプが通っていて、どこに水害が起こりやすいか、わかる人がいない」



 足りない「モノ」とは前出の老朽化した水道管のことで、



国土交通省は河川や橋に対して補修費を積み立てているが、(水道を所管する)厚生労働省にはまったくそういう考えがないんです」



 足りない「カネ」とは、



「市町村などが運営する水道事業体の約3割が赤字なんです。水をつくるためにかかるコストが、売り値より高い。水なのに内情は火の車です」


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「“水と安全はタダ”は夢のまた夢、「人もモノもカネもない」日本の水道が大ピンチ!」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    誰も失敗を認めてないが長期スパンで物事を見るという観点が完全に欠落してる。自民党や特に自分の金じゃないから湯水のごとく使ってきた官僚は今すぐ全員辞任しろ。

    2
  • 掘れ掘れ 通報

    井戸でいいやん。

    1
  • 匿名さん 通報

    12/13 09:43 ヤバイ系の外資水道会社ならなにか対策するだろ、井戸を使えなくさせるようにと。

    1
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月13日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。