M-1暴言騒動で “空気化” した王者・霜降り明星の本当の実力

M-1暴言騒動で “空気化” した王者・霜降り明星の本当の実力
霜降り明星(左・せいや、右・粗品)

 とろサーモン久保田と、スーパーマラドーナ武智が、インスタライブ上で発した『M-1グランプリ2018』審査員の上沼恵美子を批判する発言が大きな問題となり、現在もメディアを賑わせている。



「この騒動があまりにも大きくなり、肝心の王者である『霜降り明星』の影が薄くなってしまったことが気の毒ですね」



 と、あるテレビ関係者は言う。



「当たり前の話ですが、実力が評価され王者は誕生します。しかし、漫才の実力と、地上波バラエティでの人気は比例しない場合があり、よく『近年のM-1王者はイマイチ売れない』と言われることがあります」



 違う形であらためて注目を集める形となった、昨年の王者は、とろサーモン。さかのぼると、2016年は銀シャリ、2015年のトレンディエンジェル、2010年の笑い飯、2009年パンクブーブー……。



「彼らが決して売れてないとは言いませんが、初代の王者・中川家(2001年)やフットボールアワー(2003年)、アンタッチャブル(2004年)、チュートリアル(2006年)、サンドウィッチマン(2007年)に比べた場合、一般的な知名度には差があることは明らかです。



 彼らが売れ続けていることで、空き枠がなく渋滞を起こしているとも言えるかもしれませんが」(前出・テレビ関係者)



■王者の本当の実力

 今回の王者の霜降り明星は、久保田と武智に話題をさらわれる形で“空気”になってしまう可能性はないのだろうか。


あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2018年12月14日の芸能総合記事
「M-1暴言騒動で “空気化” した王者・霜降り明星の本当の実力」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    てか、みんなお笑い芸人ほんと好きなんだね。笑おうと思ってみれば笑えるし、そう思って見なかったら、そうでもない。気持ちだと思うしもともと明星さんは空気

    3
  • 匿名さん 通報

    M1自体笑いのセンスがない。高尚ぶってる低学歴の松本の自己満足番組。tv局の傘下に成り下がった吉本の凋落がわかる。

    1
  • 匿名さん 通報

    M1なんて関西ローカルでやってりゃいいじゃん。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「とろサーモン」のニュース

次に読みたい関連記事「とろサーモン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「チョコレートプラネット」のニュース

次に読みたい関連記事「チョコレートプラネット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「かまいたち」のニュース

次に読みたい関連記事「かまいたち」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。