芸能ジャーナリストが振り返る2018年のエンタメニュース「“大衆興味”が変化」

芸能ジャーナリストが振り返る2018年のエンタメニュース「“大衆興味”が変化」
       
2018年も重大ニュースはあったが……

  今年も残すところあとわずか。芸能ニュースもいろいろあったが、振り返ってみると、まず、年明け一発目の“文春砲”が向けられたのは小室哲哉氏だ。



 不倫疑惑が浮上し、『週刊文春』が発売された同日に彼は記者会見を開いたのだった。



 ところが、謝罪会見だと思って集まった記者を前にして、彼は芸能界引退を表明した。そしてここから、不倫報道の是非を問うという、大論争が巻き起こることに。



 “週刊誌は不倫報道をやめるべきだ”



 という意見が、小室ファン以外からも発せられるようになり、『文春』はすっかり“悪者”になってしまったが、汚名を着せられたまま黙っていることはなかった。



■『文春』への逆風は止んで

 “引退会見”から半年後、会見で語られたことの“ウソ”を暴いたのだった。



 1月の会見で、小室氏は、妻・KEIKOさんの、介護疲れからくるストレスがあったとし、KEIKOさんについては、



「音楽にまったく興味がなくなった。小学4年生の漢字ドリルを楽しんでいる」



 などと語っていたが、それに対しKEIKOさんの親族が怒りの告発。



 彼は介護もしてなければ、KEIKOさんは体調も回復し、友人たちとカラオケにいくこともあるという。また小室氏が、不倫相手とされる女性看護師との関係を継続していることも明らかになった。



 これには、ネット民も呆れてしまったようだった。あれほど“離婚報道”を批判していた人たちから何も声があがらず、『文春』に対する逆風も、いつの間にか止んでしまった。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「離婚」のニュース

次に読みたい関連記事「離婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「熱愛」のニュース

次に読みたい関連記事「熱愛」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「不倫」のニュース

次に読みたい関連記事「不倫」のニュースをもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月31日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。