夏菜 6年ぶりの主演ドラマにかける思いと、“いい子”でいることをやめた理由

夏菜 6年ぶりの主演ドラマにかける思いと、“いい子”でいることをやめた理由
夏菜 撮影/伊藤和幸

「私を主役にしてくださって、本当にありがたい! 全国ネットの連ドラ主演は、朝ドラ(’12年『純と愛』)以来、6年ぶりです。あのとき感じた怖さや反省点は山ほどあって。“今だったらできるんじゃないか”という、その思いをこの役に集約させたいと思っています」



 お笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイによる人気エッセイ『ちょうどいいブスのススメ』をドラマ化した『人生が楽しくなる幸せの法則』で、夏菜(29)が主演に。キャストが発表された際は、“全然ブスじゃない!”との声も上がったが、



「いやいや、みなさん私のことさんざんブスって言ってきたじゃないですか! と思いました(笑)」



 と持ち前の明るさで笑い飛ばす。放送前にタイトルが変わったことにも触れ、



「なんで私が出るドラマはこうなるんだろう……(笑)。でもありがたいなって。だって、話題にならないよりは話題になるほうがいいですから。注目されるうちが華、と思って頑張ります」



 ドラマでは“自己表現下手くそ女子”のOLを演じている夏菜だが、実は自身とは真逆だそう。



「私はなんでも口に出してしまって、しかもわりと強いことを言いがち。話していて“今の本当に傷ついたよ”って友達に言われると、“えっ、傷ついたの!? ごめん、もう絶対言わないようにするね”って言いながら1週間後には同じこと言ってるタイプ(笑)。今年こそは直したいと思います」



 近年は朝ドラ時代の苦悩を告白するなど“ぶっちゃけキャラ”として再ブレイク。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 夏菜 ドラマ
  2. 夏菜 映画
  3. 夏菜 熱愛
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年1月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「夏菜 + 映画」のおすすめ記事

「夏菜 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「夏菜 + 熱愛」のおすすめ記事

「夏菜 + 熱愛」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「吉高由里子」のニュース

次に読みたい関連記事「吉高由里子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。