【U-18】歌舞伎界のキッズスターたちを一挙紹介! あなたのごひいきは?

二代目 市川右近(8)



 父は、舞踊の家から11歳で三代目市川猿之助に弟子入りし、市川右近を名乗るようになった、三代目市川右團次。6歳で澤瀉屋の門弟筋としては初となる初お目見えを果たし、翌年、二代目市川右近を名乗るように(本名:武田タケル)。



 昨年、父と一緒に出演したバラエティー番組で「パパ、鼻毛抜きすぎ」と子どもらしい発言を。そのあと、将来の夢を聞かれると「パパみたいな歌舞伎役者になりたいです」と即答した。



堀越勸玄(5)



 父は歌舞伎界を背負うスター、十一代目市川海老蔵。母は、34歳の若さで急逝した小林麻央さん。将来の夢を「王子様」と話した2歳8か月のときにお披露目。



 母・麻央さんが息を引き取って間もなく、史上最年少の4歳で父とともに宙乗りに挑戦し「天性の才能」と言わしめた大物ぶりを発揮。“にらみ”をお家芸に持つ成田屋らしく、パッチリ大きな瞳は姉の麗禾ちゃんも(現在、ふたりは父と東京・新橋演舞場の新春歌舞伎公演で共演中)。今年、父・海老蔵とのダブル襲名がされている。



寺嶋眞秀(6)



 母は女優の寺島しのぶ、父はフランス人のアートディレクター、ローラン・グナシアさんで日仏のハーフ役者として4歳で初お目見え。祖父は七代目尾上菊五郎、祖母は女優の富司純子。叔父は、五代目尾上菊之助と、こちらも将来を約束された芸能一家に生まれた眞秀くん(屋号:音羽屋)。



 昨年、東京・六本木トリコロールシアターの竣工式・こけら落とし神事で、将来は「サッカー選手になりたい」と語り、隣に立つ母親を苦笑させた。



寺嶋和史(5)



 平成最後となる東京・国立劇場での初春歌舞伎公演で、父・尾上菊之助、祖父の尾上菊五郎、いとこの寺嶋眞秀と共演中の寺嶋和史(屋号:音羽屋)。初お目見えは、写真の2歳のとき。



 父に手を引かれながら囲み取材に出席。将来について聞かれると「とと(父)みたいになりたいです」と語り、取材が終わると元気よく「バイバーイ!」と。



あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 市川染五郎 Instagram
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年1月20日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「市川染五郎 + Instagram」のおすすめ記事

「市川染五郎 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「松田凌」のニュース

次に読みたい関連記事「松田凌」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「矢崎広」のニュース

次に読みたい関連記事「矢崎広」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。