阿部寛・吉川晃司 『下町ロケット』とは対照的すぎる私生活

記事まとめ

  • 阿部寛のプライベートは日曜劇場『下町ロケット』の“佃社長”のイメージとはまったく違うという。近隣住民いわく、すれ違っても挨拶もせず、目も合わせないという。
  • いっぽう、ドラマで共演した吉川晃司の私生活は阿部とは対照的。いつも笑顔で挨拶するという。
  • 週刊女性PRIMEでは、ドラマで演じた役柄のイメージとは異なる二人の私生活を報じている。

『下町ロケット』の役とは真逆? 阿部寛・吉川晃司の対照的すぎる私生活

『下町ロケット』の役とは真逆? 阿部寛・吉川晃司の対照的すぎる私生活
(左から)吉川晃司、阿部寛

「すれ違っても挨拶をしませんし、目も合わせてくれません。マスクや帽子で顔を隠して、オドオドしているようにも見えますね。ドラマの役柄とは大違いですよ……」



 都内にある高級マンションの近隣住民がそう声をひそめるのは阿部寛のことだ。日曜劇場『下町ロケット』(TBS系)の“佃社長”のイメージとはまったく違うという。



「同作は池井戸潤原作で、'15年10月にドラマ化。18・5%という高視聴率を受けて、昨年10月から続編が放送されました。宇宙科学研究開発機構の元研究員が中小企業『佃製作所』の社長となり、社員たちとロケット作りの夢を追いかける物語です。



 阿部さんは主演の佃航平社長役で、大企業に臆せず立ち向かいながら、ときに人間くさい弱さも見せる男を好演。阿部さんのほか、安田顕さんや立川談春さん、竹内涼真さん、土屋太鳳さんなど、豪華なキャストが出演しましたよ」(テレビ誌ライター)



 社員にアツく語る阿部の熱演に魅了された人は多いが、私生活では違うらしい。



■コソコソしても逆に目立つ

「プライベートをあまり語りませんが、阿部さんは'08年2月に15歳年下の一般女性と結婚し、'11年6月に長女が、翌年11月に次女が誕生しました。仕事の合間を縫って子どもの学校の行事にも参加するなど、よきパパのようです」(スポーツ紙記者)



 '15年11月に『女性自身』で、現在暮らすマンションに引っ越ししたことが報道された。


あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年1月26日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「半沢直樹」のニュース

次に読みたい関連記事「半沢直樹」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「逃げるは恥だが役に立つ」のニュース

次に読みたい関連記事「逃げるは恥だが役に立つ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「おっさんずラブ」のニュース

次に読みたい関連記事「おっさんずラブ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。