天皇ご一家は2019年どう過ごされる? 行事先取りでメモリアルイヤー丸わかり

天皇ご一家は2019年どう過ごされる? 行事先取りでメモリアルイヤー丸わかり
拡大する(全1枚)

 いよいよ平成最後の年が始まり、新たな時代の幕開けに世間でもさまざまな動きが見られる。皇室関連でいえば、2月24日に、天皇陛下の『在位三十年記念式典』が国立劇場で開かれる予定で、国民も両陛下に対して改めて感謝の気持ちを抱くことだろう。



「今年の4月10日で、両陛下はご結婚60年をお迎えになります。在位30年という節目とも重なるメモリアルな年といえます。



 ちなみに、在位20年とご結婚50年の節目には、それぞれ記者会見が開かれました。宮内記者会は、今回も記者会見を打診していますが、開かれる予定はありません。そのかわり、ご退位の直前に国民への“ビデオメッセージ”が配信される可能性があるそうです」(皇室担当記者)



 お代替わりのちょうど1か月前である4月1日、「新元号」が公表される。



「安倍晋三首相が、国民生活への影響を考慮した結果、この時期に決定したそうです。



 元号は“漢字2字”“書きやすい”“読みやすい”などの6条件が求められます。元号の原案は、漢文学や国文学、歴史学者など複数の識者が内密に作業を進めていますよ」(宮内庁関係者)



 次代の新元号は、いったいどんな2文字になるのだろうか─。



 4月30日に天皇陛下がご退位、5月1日に現在の皇太子さまが“新天皇”に即位される予定だ。退位と即位は、どのような行事日程で行われるのか?



「皇居・宮殿で『退位礼正殿の儀』が行われ、陛下が国民へのおことばを述べられます。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク