松岡茉優、交通事故に関する質問攻め回避とスゴイ “売り込み巧者” っぷり

松岡茉優、交通事故に関する質問攻め回避とスゴイ “売り込み巧者” っぷり
拡大する(全1枚)
『ブルーリボン賞』に登壇した松岡茉優

 芸能人が何かトラブルやそれに準ずる騒ぎを起こした場合、その後、初めて登場する公の場で取材陣の質問攻めにあうのが芸能人と芸能メディアの長年の“お約束”だが、女優の松岡茉優(23)は幸運だった。



■スポーツ紙はガードする立場

 今週発売の『週刊新潮』が、昨年11月に追突事故を起こしていたことを記事化。保険会社のCMにも出演している松岡がなぜ公表しなかったのか、とつついた記事だった。当然、スポーツ紙も記事の大小の違いはあれども後追いするところ。



 ところが今回は、その動きが鈍かった。



「もちろん、所属事務所には確認の電話をしました。先方は『書かないでほしい』とは言いませんでしたが、スポーツ紙の良心に任せるしかないという、期待を口にしていたそうです」



 と情報番組デスク。事実、後追い記事を載せないスポーツ紙もあった。



 実はスポーツ紙には、松岡をちょっとは気遣わねばならない事情があった。週刊誌の発売直後に『ブルーリボン賞』の授賞式があったからだ。



 在京スポーツ紙の映画担当記者が選考を務める『ブルーリボン賞』。助演女優賞を受賞した松岡も、授賞式への登壇が控えていたからだ。



「通常なら質問攻めにあうところですが、今回は質問するスポーツ紙が主催者側で、登壇する芸能人をガードする立場ですから、質問される心配はないわけです」(前出・情報番組デスク)



 かくして松岡は、舞台を降りる際に突然声をかけられるような事態にビクビクすることなく、授賞式に終始笑顔で出席することができた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

松岡茉優のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「松岡茉優」に関する記事

「松岡茉優」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松岡茉優」の記事

次に読みたい「松岡茉優」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク