9万円をめぐり夫を暴行死させた妻と息子、保釈中の妻が語る「悲痛と懺悔」

9万円をめぐり夫を暴行死させた妻と息子、保釈中の妻が語る「悲痛と懺悔」
封筒に入った9万円をめぐり、Aさんは帰らぬ人に

「主文、被告人を懲役5年4か月に処する」



 夫に暴行を加えて死亡させたとして傷害致死罪に問われた東京都板橋区の専業主婦・有賀友加被告(45=保釈中)の控訴審で、東京高裁(合田悦三裁判長)は1月31日、1審のさいたま地裁判決(懲役6年)を破棄し、減刑する有罪判決を言い渡した。



 黒のパンツスーツ姿で出廷した友加被告は直立不動だった。



■長男と夫の後を追った妻

 事件が起こったのは昨年1月5日のこと。友加被告の夫Aさん(当時53)が宅配便仕分けの夜間アルバイトを終えて退勤する午前8時ごろ、友加被告と長男・大生受刑者(24)は、職場近くに自家用車を止めて“待ち伏せ”した。Aさんは前年末から1週間以上、自宅に帰らず家族との初詣もすっぽかしていた。



 友加被告は怒っていた。



「夫は約束を破っただけでなく、新しい働き口を失いそうでした。日勤で待遇のよいアルバイト採用が決まっていたのに提出書類を出していなかったので、長男に運転手役を頼んで職場に向かったんです」



 週刊女性の取材に応じた友加被告はやつれた表情で、そんなふうに事件を語り始めた。



 裁判などで明らかになったところによると、友加被告と大生受刑者はAさんのあとを追った。コンビニエンスストアに寄り、おにぎりの棚の前で背中を向けていた。



「私にはピンときたんです。おにぎりを万引きしたなって。すると、案の定、トイレに入った。万引きは現行犯逮捕が基本ですから、証拠隠滅のためトイレの中でおにぎりを食べるんだろうって」(友加被告)


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「9万円をめぐり夫を暴行死させた妻と息子、保釈中の妻が語る「悲痛と懺悔」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    これが悪鬼羅刹の国と呼ばれる理由。

    0
  • 匿名さん 通報

    くず男とくず女が結婚。くず女が殺しまでやるくずでした、ってオチ?

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月14日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。