9万円をめぐり夫を暴行死させた妻と息子、保釈中の妻が語る「悲痛と懺悔」

「夫は駅で無人改札を突っ切ったり、前を歩く人のうしろにピタッとついてくぐり抜けるなど無賃乗車をするようになりました。コンビニの万引きも日常茶飯事になり、私は何度も警察署や駅に呼ばれました」



 悪事に手を染めるようになっても、Aさんは働き続けた。削れるのは交通費ぐらい。板橋区の自宅からレインボーブリッジを歩いて渡り、江東区の職場に通ったこともあったという。



 '17年夏ごろ、帰宅するのがめんどくさくなったのか、睡眠時間を確保するためか、ほとんど自宅に帰らなくなった。日中は区立図書館などで仮眠をとるようになった。



「留守中や就寝中に夫が帰宅してもいいようにお弁当を作っておき、着替えを準備し、置き手紙を添えて門扉にかけておくようになりました。異様な夫婦関係に見えるかもしれませんが、私としては必死だったんです」



 子どもの学費や住民税、健康保険料も払えず、病院にも行けない状態に。こうして、一家は事件当日を迎えた。



 大生受刑者は裁判で、



《母から父が持っていたお金を取り上げてくれと頼まれて、何でこんなことを僕がやらなきゃいけないんだとは思っていたんですけど、やっぱり母のためというか、最終的には家のため、弟たちのためにつながると思い、仕方なく父に手を上げました》



 と述べている。



 Aさんが渡そうとしなかった封筒には9万円が入っていた。年末年始に長野県上伊那郡の実家に帰省し、母親からもらった11万円の残額だった。電車賃が足りず、厳冬の山梨県境を歩いて越えた。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「9万円をめぐり夫を暴行死させた妻と息子、保釈中の妻が語る「悲痛と懺悔」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    これが悪鬼羅刹の国と呼ばれる理由。

    0
  • 匿名さん 通報

    くず男とくず女が結婚。くず女が殺しまでやるくずでした、ってオチ?

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月14日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。