倉本聰、がん治療の八千草薫が降板で “富良野から駆けつけた” 最終収録日

倉本聰、がん治療の八千草薫が降板で “富良野から駆けつけた” 最終収録日
(左から)八千草薫と倉本聰

「一昨年の年末に、すい臓にがんが見つかり……今年に入りまして肝臓にも……」



 2月9日、八千草薫が、がん闘病を告白。4月放送開始の『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系)を降板し、治療に専念するという。



「倉本聰による脚本で'17年に放送された『やすらぎの郷』の続編です。前作は石坂浩二が演じる脚本家が老人ホーム『やすらぎの郷』へ入居するところから始まる物語で、浅丘ルリ子加賀まりこなど豪華キャストが話題になりました。今回は彼らのその後が描かれるとともに、脚本家が執筆するシナリオ“道”が劇中劇として同時進行します」(テレビ誌ライター)



 八千草の演じた、主人公の脚本家にとっての憧れの女優・九条摂子という役は、前作で亡くなったことになっていた。だが、倉本は上智大学教授の碓井広義氏のインタビュー取材に“このドラマには彼女が必要だ”と語っている。



《九条摂子を殺しちゃったのは誤算でした。まさか続編を作るなんて思いもしなかったですから。八千草さんは『やすらぎ』の象徴ですから。新作にもいてくれないと困ってしまう。でも、こちらの都合で生き返らせるわけにはいかない。それで、九条摂子を脳内ドラマのヒロインにしようという発想をしたんです》



■八千草の収録最終日に……

 倉本が八千草と初めて仕事をしたのは、'71年放送の東芝日曜劇場『おりょう』(TBS系)。それ以来、家族ぐるみの交流がある。



「倉本さんが北海道の富良野に家を買おうとしたとき、お金が足りず、八千草さんに3分の1を出してもらったそうです。また、八千草さんの母親の葬儀では、倉本さんが受付をされていたのですが、八千草さんの夫で映画監督の故・谷口千吉さんから“受付係のガラが悪いので弔問客が入りづらそうにしている”と怒られたこともあるんだとか」(テレビ局関係者)


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 八千草薫 宝塚
八千草薫のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年2月28日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「八千草薫 + 宝塚」のおすすめ記事

「八千草薫 + 宝塚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「加賀まりこ」のニュース

次に読みたい関連記事「加賀まりこ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「平岩紙」のニュース

次に読みたい関連記事「平岩紙」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。