被災地にそびえる「震災遺構」保存か解体か? 終わらぬ議論の先にある、後世への“思い”

被災地にそびえる「震災遺構」保存か解体か? 終わらぬ議論の先にある、後世への“思い”
津波の爪痕が生々しく残る解体前の旧庁舎。ここで手を合わせる住民の姿もあった

 東日本大震災から8年。震災体験の風化が指摘されるようになってきた。津波にのまれるなどして、震災の教訓を伝える建造物などを「震災遺構」と呼ぶ。



■「人は忘れるんですよ」

 東日本大震災では、震災遺構をめぐって保存か解体かが常に議論になっていた。例えば、宮城県気仙沼市に打ち上げられた大型漁船は撤去され、岩手県釜石市の鵜住居地区防災センターは解体された。



 一方、宮城県は震災後20年まで、職員の避難が遅れた南三陸町の防災対策庁舎を残す。多くの子どもたちと教職員が亡くなった大川小学校や、火災が発生した門脇小学校の旧校舎は、石巻市が保存を決めた。



 遺構を残す取り組みは、ほかの震災でも見られる。新潟県中越地震では、山古志村(現・長岡市)の水没家屋などを残している。阪神・淡路大震災では「野島断層」(兵庫県淡路市)が保存されている。各被災地では、語り継ぐことや教訓化する取り組みがなされている。



 そんな中で、東日本大震災の津波で当時の町長や職員計40人が死亡した岩手県大槌町の旧庁舎が保存か解体かで揺れていたが、今年2月、町の判断で解体され現在は更地となっている。



「人は忘れるんですよ」



 そう話すのは、町にある吉祥寺の住職、高橋英悟さん(46)だ。



「三陸は何度も繰り返し津波がきています。なぜ過去の教訓を生かせなかったのか。津波、自然災害が自分にふりかかることは想像できないんです」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 宮城県気仙沼市 観光
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年3月8日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「宮城県気仙沼市 + 観光」のおすすめ記事

「宮城県気仙沼市 + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「宮城県石巻市」のニュース

次に読みたい関連記事「宮城県石巻市」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。