いきものがかり事務所にメス!ついに芸能界に及んだ“働き方改革”最新事情

いきものがかり事務所にメス!ついに芸能界に及んだ“働き方改革”最新事情
『いきものがかり』が所属する株式会社キューブ(左下)に是正勧告が

《担当していたアーティストのことが人間としても好きだったから我慢して働いていたが、限界がきてしまった》



 2月14日、都内で記者会見をしたのは、いきものがかりなどが所属する芸能プロダクション『株式会社キューブ』に勤務していた20代男性のAさん。Aさんは1か月の残業が最大204時間46分を数え、'17年にはなんと1年のうち10か月間が過労死ライン超えだった。渋谷労働基準監督署はこの専門業務型裁量労働制を無効と判断し、『キューブ』に対して残業代未払いで是正勧告を行っていたという。



 専門業務型裁量労働制は、企画業務型裁量労働制、事業場外みなし労働時間制度と同様に、労働基準法38条で定められた3つの“みなし労働時間制度”のうちの1つ。



 1日何時間働いたとしても、みなし労働時間分しか働いていないとされ、それ以上の時間外割増手当の支払いや、残業時間規制を逃れることができるため、合法的な“定額働かせ放題”になるという批判がある。



 今回の事例のように、早朝深夜問わず長時間働いているイメージの芸能界。現在は少しずつ働き方改革が行われているというが……。テレビ局でドラマ制作に携わっている男性スタッフに聞いてみると、



テレビ番組の制作会社では、ほぼ変化はありませんが、テレビ局社員は長時間労働が規制されるようになりました」



 テレビ局の社員と制作会社の社員とでは、勤務時間に差が出るのだという。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年3月9日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。