『翔んで埼玉』ヒットの裏で内紛激化「大宮は浦和の植民地じゃない!」

『翔んで埼玉』ヒットの裏で内紛激化「大宮は浦和の植民地じゃない!」
高崎線の宮原駅前でビラを配りながら大宮の独立を訴える吉田一郎さいたま市議会議員(無所属)

「埼玉県に対する関心を高めていただける大きなチャンスととらえています。多くのみなさんが埼玉を訪れて、魅力あふれる“本当の埼玉”を体感していただくことを期待しています」(埼玉県庁観光課)



 二階堂ふみとGACKTのW主演で、埼玉県を過激にディスるコメディー映画『翔んで埼玉』の大ヒットに、埼玉県も大喜び。だが、同県内では、笑っていられない“争い”が起きているという。



「大宮は浦和の植民地のようなもの。もう離婚しかない!」



 こう叫ぶのは、大宮派の吉田一郎さいたま市議会議員だ。



 明治2年、廃藩置県が行われ、現在の埼玉県の南部に『大宮県』が誕生していたが、



「その8か月後に『浦和県』と名を変えられて、県庁を持っていかれてしまいました。大宮の郷土史に詳しい人によると、浦和の有力者が明治政府に強烈に働きかけたんです」(吉田議員)



 このときから、大宮と浦和のディスり合いが始まった。明治9年、現在の埼玉県が誕生するのだが、県庁のある浦和はいわば“県の顔”。そのため、浦和には多くの税金が使われて発展していったが、大宮はどんどん寂れて、人口が1000人をきってしまう。



「明治16年に高崎線ができたが、大宮は人口が少ないから駅もつくってもらえなかった。大宮は本当に没落したんです」(吉田議員、以下同)



 だが、初代大宮町長が自分の土地を鉄道会社に寄付して大宮駅をつくったという。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年3月13日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。