木村拓哉が「何を演じてもキムタク」になった理由

木村拓哉が「何を演じてもキムタク」になった理由
木村拓哉

「平成ドラマは、木村拓哉さん抜きには語れないと思いますね」



 と指摘するのは、ドラマに精通するライターの田幸和歌子さん。その言葉を裏づけるかのように、キムタクは、平成の高視聴率ドラマトップ30に7本も主演作をランクインさせている。



■「アンチももはやファン(笑)」

 ゴールデンタイムの連ドラ初出演作は『あすなろ白書』('93年)で、3番手という役どころだった。



「いきなり主役ではなく、まずは脇のおいしい役で注目させる段階を踏んだ。うまい戦略です」(田幸さん、以下同)



 以降、『ロングバケーション』('96年)、『ラブジェネレーション』('97年)など、主演作が軒並み視聴率30%超えの大ヒット。



「『ビューティフルライフ』で41・3%とピークを迎えた'00年に、木村さんは結婚。以後、恋愛ドラマをやらなくなりました」



 翌'01年からお仕事ドラマのキムタクが始まる。『HERO』だ。



「この年はアメリカ同時多発テロもあり、不安定な時代でした。強いヒーローが求められ、それをひとり勝ちだった木村さんが背負うことになったような気がします。また、なじみがなかった検事の仕事を世に知らしめた功績も大きい。これ以後、木村さんに“次はどの業界を背負ってもらうか”が焦点になっていきました」



 パイロット、アイスホッケー選手、レーサー、総理大臣……。演じた職業の幅は広くもはや、ひとりキッザニア状態。しかし視聴率は『MR.BRAIN』('09年)で25%を下回り、『アイムホーム』('15年)で20%を割り込んだ。


あわせて読みたい

木村拓哉のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「木村拓哉が「何を演じてもキムタク」になった理由」の みんなの反応 16
  • 匿名さん 通報

    ヘタクソだから。以上。

    13
  • 匿名さん 通報

    ただのアイドルだったわけで、俳優として役者として鍛えられたわけじゃないから演技できないのは当然でしょw。

    11
  • 匿名さん 通報

    「木村拓哉が「何を演じてもキムタク」になった理由」⇒制作側に『こんな役を演じさせてみたい』と思わせる演技力がないから。

    7
  • 匿名さん 通報

    田村正和さんも何を演じても古畑任三郎ですよね~良い意味で。

    5
  • 匿名さん 通報

    まぁ制作者側も視聴率が良いと、それと同じような演技(役)と要請されている傾向もあるだろうし、演技力が絶望的にないのと、馬鹿正直にその話を聞いているからステレオタイプの俳優になる典型例だろう。

    5
この記事にコメントする

「木村拓哉 + 長女」のおすすめ記事

「木村拓哉 + 長女」のおすすめ記事をもっと見る

「木村拓哉 + 映画」のおすすめ記事

「木村拓哉 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「山下智久」のニュース

次に読みたい関連記事「山下智久」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月20日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 木村拓哉 ドラマ
  2. 木村拓哉 ラジオ
  3. 木村拓哉 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。