なぜ今のテレビは“似たような番組”ばかり? 放送作家が考える「企画よりテーマ」の時代性

なぜ今のテレビは“似たような番組”ばかり?  放送作家が考える「企画よりテーマ」の時代性
視聴率が取れるジャンルとは──? テレビを見ていて「ふと気になったこと」や「ずっと疑問に思っていたこと」ってありませんか──? そんな“視聴者のナゼ”に『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』など人気番組を多数担当する放送作家・樋口卓治がお答えします!

* * *



「『バラエティー』『音楽』『スポーツ』『料理』などなど……テレビ番組にはいろいろなジャンルがありますが、視聴率がとれるジャンルは時代によって変わってくるのでしょうか? 気になります」(40代/主婦)



* * *



 時代を遡って視聴率のとれるジャンルが気になるとは、この投稿者さんは、かなりのテレビっ子のようですね。



 ご質問のとおり、これまでいろんなジャンルの番組が視聴率をとってきました。



 ボクは1989年に放送作家になったのですが、最初に目の当たりにしたのはF1ブームでした。



 アイルトン・セナという天才ドライバーが、最後尾から優勝したり、ギアが壊れて1つのギアだけで優勝したり、まるでヒーロー映画のような活躍をした時代、F1というテレビではなじみのないスポーツが高視聴率をマークしました。



 当時、日本はバブル絶頂期で、中嶋悟が日本人初のF1参戦、ホンダエンジンがぶっちぎりの速さ、古舘伊知郎がドライバーにあだ名をつけて盛り上げたり、いろんな火種が一気に集まり大爆発をしたようなブームでした。



■誰も見たことない番組づくり

 そして'90~'00年にかけてバラエティーもさまざまなジャンルから多くのヒット番組が誕生しました。例えば、『料理の鉄人』『トリビアの泉』『SMAP×SMAP』『ガチンコ』『あいのり』『学校へ行こう!』などなど。


あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年3月23日の芸能総合記事
「なぜ今のテレビは“似たような番組”ばかり? 放送作家が考える「企画よりテーマ」の時代性」の みんなの反応 1
  • ニャニャー 通報

    パクリパクリと叩きたがるけど、テーマはどんなものかということが大事ですね♡ただ、やらせだけはNG!お金のためにそうするなら、干されるしかないですよね?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュース

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュース

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。