小林よしのりが今、『おぼっちゃまくん』の続編を描くワケ

小林よしのりが今、『おぼっちゃまくん』の続編を描くワケ
小林よしのり 撮影/坂本利幸

「ともだちんこ!」などの“茶魔語”で、子どもたちに大ブームを巻き起こした小林よしのりさんの『おぼっちゃまくん』が、なんと、大人向けバージョン『新・おぼっちゃまくん』として帰ってきた!



 1984年に「月刊コロコロコミック」で連載が開始されたおぼっちゃまくん。アニメ化もされて、当時の子どもたちの大人気コンテンツとなった。



 そんなおぼっちゃまくんで育った世代も、今や30~40代になる。



「出版社に届くアンケートハガキのほとんどが、30~40代の女性からで意外でしたね。わし、もしかしてモテ期? なんて思ったりして……(笑)。“ともだちんこ”なんて言っていたから、てっきり女子からはイヤがられているもの、と思っていました」



 恥ずかしがっていたはずの女子も、今や「おぼっちゃまくんが好き!」と堂々と声に出して言えるほどに成長し、再来を待ちわびていたのだ。



 実は最終回を描いていなかったというこの作品。今なぜ、続編を再開?



「おぼっちゃまくんは、子ども向けのマンガでありますが、大金持ちをテーマにしたバブルを風刺した作品でした。今、再び格差社会が訪れたので続編にとりかかりました」



■自由に描きたいから文芸誌で連載

 新・おぼっちゃまくんは登場人物の年齢はそのままで、「忖度(そんたく)」や「パワハラ」など現代を風刺する内容が炸裂(さくれつ)。掲載は、コロコロコミックではなく、なんと文芸誌! 幻冬舎「小説幻冬」に2018年4月から連載を開始し、第1巻は全7編が収録されている。なぜ、文芸誌に?


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月15日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。