素人脚本家vsアカデミー賞監督!「スペシャルドラマ」が生まれるまでの“怒濤の日々”<br />

素人脚本家vsアカデミー賞監督!「スペシャルドラマ」が生まれるまでの“怒濤の日々”<br />
ドラマ『離婚なふたり』のワンシーン テレビを見ていて「ふと気になったこと」や「ずっと疑問に思っていたこと」ってありませんか──? そんな“視聴者のナゼ”に『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』など人気番組を多数担当する放送作家・樋口卓治がお答えします!

* * *



「樋口さんが脚本を書かれたドラマ『離婚なふたり』(4月5・12日放送)楽しく見させていただきました。気づいた点といえば『最高の離婚』や『ゆとりですがなにか』といった他局のドラマのオマージュが散見されたことです! こういった局をまたいだオマージュって、アリなんでしょうか……? キャスティングの経緯や裏話もぜひお聞きしたいです」(50代・主婦)



* * *



 ご質問&ドラマ視聴、ありがとうございます。



 ということで今回は、初めて書いたドラマのよもやま話をさせていただきます。



 ドラマはこんな話──。



 夫婦ものドラマの名手である脚本家・野田隆介(リリー・フランキー)が、新ドラマの執筆中に妻・今日子(小林聡美)に「私と離婚してください」と言われてしまう。



 隆介は脚本でも直すかのように夫婦の溝を修正しようとするが今日子は本気。弁護士・堂島正義(岡田将生)に相談。弁護士はこれまでの脚本を読み、実際の夫婦とドラマの夫婦が違いすぎ、これが離婚の要因であると隆介に詰め寄る。離婚の理由を懸命に考える今日子に対し、隆介は世間体など気にしてばかり。夫婦は再起をかけて熱海に旅行に行く。はたして離婚となるのか……。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年4月30日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。