「悠仁さま刺そうと思った」容疑者の着替え場所・侵入ルート・手製ピンク槍のナゾ

「悠仁さま刺そうと思った」容疑者の着替え場所・侵入ルート・手製ピンク槍のナゾ
拡大する(全1枚)
終始一貫して無表情

「実は、事件があった翌日から、紀子さまと悠仁さまは長野県へスキー旅行に行かれていました。おそらく、学校のお友達親子とご一緒だったのではないでしょうか。



 しかし、悠仁さまの机に刃物が置かれていたことが発覚し、悠仁さまの安全を確保するため、おふたりはすぐさま帰京されたそうですよ。



 紀子さまはそうとうな不安を感じられたのか、その後、すぐに悠仁さまの警備体制は厳重になったのです」(宮内庁関係者)



 秋篠宮悠仁さま(12)が4月に内部進学したお茶の水女子大学附属中学校(東京都文京区)に不審者が侵入したのは先月26日のこと。悠仁さまの机の上には、果物ナイフ2本をアルミ製の棒の先にくくりつけて槍を模したような刃物が置かれていた。刃はピンク色に塗られており、不気味なメッセージと受け止められた。



 翌27日昼ごろ、NHKなど大手メディアが事件を報じるのと前後して、長野に泊まりがけのスキー旅行に出かけたばかりの紀子さまと悠仁さまは予定を早々に切り上げ、東京に戻ったという。



「改元5日前の大胆な犯行に警察の動きは早かった。校内の防犯カメラに映った容疑者の映像を起点に周辺の防犯カメラ映像とつなぐリレー方式で逃走ルートを追い、容疑者が最寄りの地下鉄駅から電車移動して神奈川・平塚のビジネスホテルに投宿したことをつかんだ。令和前に逮捕するという執念の捜査が実った」(全国紙社会部記者)



 警視庁捜査一課は同29日、正当な理由なく同中学校に不法に入ったとして住所、職業ともに不詳の自称・長谷川薫容疑者(56)を建造物侵入容疑で逮捕。「中学校に入ったのは間違いありません」と容疑を認めている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク