<40代女性の孤独死>病気で結婚を断念──日記に残されていた“かなわぬ願い”

<40代女性の孤独死>病気で結婚を断念──日記に残されていた“かなわぬ願い”
※写真はイメージです

 わが国では、年間孤独死3万人、1000万人が孤立状態にある──。



 自著『超孤独死社会 特殊清掃現場をたどる』(毎日新聞出版)の取材において数々の特殊清掃現場を取材したが、特に、高齢者と違って地域による見守りなどがない60代以下の現役世代の孤独死は深刻だ。



 孤独死の8割はセルフネグレクト(自己放任)だと言われている。ゴミ屋敷に代表されるような、自分で自分の首をジワジワと絞めていく、いわば自らを殺すような緩やかな自殺行為だ。



■ある40代女性の悲しき孤独死

 今回は、ある40代女性の孤独死の一例をご紹介したい。



 八王子市の一軒家に住む40代の牧田さゆりさん(仮名)は、孤独死して3か月以上も発見されなかった。



 さゆりさんは両親が亡くなった後、実家でひとり暮らし。東方神起の熱狂的なファンで、ポスターが壁の隅々まで飾られていた。部屋のいたるところに、CDやDVDなどの東方神起のグッズがみっちりと詰まった段ボールが山積みになっていた。



 この現場の特殊清掃を手がけた武蔵シンクタンクの塩田卓也氏が、遺品をひとつずつ整理していくと、棚には、ホテルの領収書や新幹線のチケットがバインダーに丁寧に整理されている。どうやら、さゆりさんは、元気なころは熱心に地方公演の遠征をしていたらしい。



 棚にあったアルバムをめくっていくと、ハワイ旅行でピースサインをする無邪気なさゆりさんの姿がそこにはあった。20代後半には、彼氏と思われる男性とともに、満面の笑みを浮かべている。アルバムには、彼氏にあてたラブレターや記念日のカードが挟まれていた。そしてその横には、4冊にもわたる数年分の日記帳がたてかけられていた。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年5月19日の社会記事
「<40代女性の孤独死>病気で結婚を断念──日記に残されていた“かなわぬ願い”」の みんなの反応 5
  • 木村カズオ 通報

    特殊清掃の バイトしたことあります。 ペットの猫が 煎餅の様に薄くなって 畳に張り付いていたのは 衝撃的でした。主人が亡くなって 行き場がなくなったのでしょう。

    3
  • 匿名さん 通報

    こういう記事は、孤独死が怖いもの、良くないことというテーマみたいだが、今後は孤独死がもっと増えてそれが当たり前になる。みんな「自分の孤独死の仕方」を頭に置いて生きるようになる。

    2
  • 匿名さん 通報

    中島みゆきの12月は効きすぎる。

    1
  • 匿名さん 通報

    Kの法則か

    0
  • 匿名さん 通報

    日頃から家族や周囲の人に対し八つ当たりしたり、ああだこうだ煩く言う人は孤独死しやすい。やがて周りから相手にされなくなり、気づけば自分ひとり取り残され、人知れず寂しく死んで行く。そう言うデータもある。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。