丸山議員の「戦争」発言は昨年もあった!「小僧のような議員」の勇ましい勘違い

丸山議員の「戦争」発言は昨年もあった!「小僧のような議員」の勇ましい勘違い
丸山議員のツイッターより

「酒に酔っていたか酔っていないかは関係ない。まして国会議員のオフィシャルな発言だから許されません。そもそも酒のせいで思ってもいないことなど言うはずがないし、気が大きくなって日ごろから思っている議論を吹っかけたのだろう。全責任を取っていただきたい」



 とジャーナリストの大谷昭宏氏は憤る。



 北方領土を戦争で奪還する賛否を元島民に問うた丸山穂高衆院議員(35=大阪19区選出)が議員辞職を拒んでいる。



 日本維新の会を除名されても、野党6会派から議員辞職勧告決議案を提出されても反省の色はなし。同決議案についてツイッターで〈可決されようがされまいが任期を全うする〉と宣言し、そのくせ国会を休むという始末の悪さだ。



 衆院沖縄北方問題特別委員会委員の丸山氏は11日、ビザなし交流訪問団に顧問として同行し国後島を訪れ、取材を受けていた元島民の団長(89)に酒に酔って絡むと、「戦争でこの島を取り返すのは賛成か反対か」「戦争しないとどうしようもなくないですか」などと、しつこく食い下がった。



 団長は「戦争なんて言葉は使いたくないです」「戦争するべきではない」などと冷静に対応した。



 丸山氏は帰京後、発言は不適切だったとして謝罪・撤回したが、言うまでもなく憲法9条には戦争放棄が明記されており、国会議員として憲法尊重・擁護義務違反にあたる。戦争体験者である団長に対し、よくもこんな無礼なことを聞けたものだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 北方領土 旅行
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年5月20日の社会記事
「丸山議員の「戦争」発言は昨年もあった!「小僧のような議員」の勇ましい勘違い」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    憲法の戦争は、武力によるもの。戦争という言葉だけなら、経済戦争、情報戦争などいくらでも言えるし、マスコミもよく使っている。こんなことでジャーナリストごときに小僧よばわりされるいわれはないだろ。

    1
  • 匿名さん 通報

    ジャーナリストって性犯罪者が多いそうだね。部下を無理やり手籠めにするやつとか、処女は病気とか言ってせまってくるやつとか。小僧を通り越して只のエロ餓鬼じゃねーか。

    1
  • 匿名さん 通報

    発言は不適切だったと謝罪・撤回で済むんだから、国会議員の皆さん、どんどん本音を吐露して下さい。これこそ選挙民にとっていい判断材料になるんだから。

    0
  • すけたね 通報

    早くおウチに帰ってゲームでもしてなさい。

    0
  • 匿名さん 通報

    シャバ憎が!恥さらしやがって、辞職せんかい!ボケ!

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「北方領土 + 旅行」のおすすめ記事

「北方領土 + 旅行」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら