カメルーン生まれ、姫路育ちのアフリカ少年が「思い込みだらけの日本で育った結果」

カメルーン生まれ、姫路育ちのアフリカ少年が「思い込みだらけの日本で育った結果」
星野ルネさん

 SNSをきっかけに今、話題を集めるコミックがある。アフリカ・カメルーン生まれ、関西育ちの星野ルネさん(34)が描く『まんがアフリカ少年が日本で育った結果』だ。カメルーン人の母、日本人の義父を持つ星野さんが、自身の生い立ちや日本で暮らすアフリカ少年の日常をユーモアたっぷりに描く。例えば、こんなエピソードが連発される。



■無意識下の思い込みや偏見をあぶり出す

 運動会の短距離走でルネ少年は3着になった。すると、みんながざわついた。



「アフリカの子が負けた?」「調子悪かったのかしら?」



「僕は声に出して言いたい。黒人全員が超人的に運動神経がいいわけではないんです!」



 と、オチがつく。



 4歳で来日。以来、日本人の中で過ごしてきた経験をもとに、日本人が無意識のうちに外国人に対して抱く思い込みや偏見をあぶり出す。



 漫画を描くきっかけは何だったのか。



「僕は日本に来て保育園に通った。けれど、日本語はまったくわからない。でも、お絵描きの時間があって、自分の絵を見てくれる子がいたんです。何をしゃべっているかはわからないけど、笑ってくれてる。これで仲よくなれるんだなと子どもながらに思いました。『ドラゴンボール』を描いたりしてね。小学校でも、ルネの絵はすごいと一目置かれました。高校くらいまでは、弟や妹を相手に即興漫画を描いて遊んでましたね」



 快活に育ったルネさんだったが、まだ外国人、とりわけアフリカ系が少なかったころは嫌な思いもあった。その当時、アフリカ系の有名なタレントといえば、サンコンやゾマホンだった。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「カメルーン生まれ、姫路育ちのアフリカ少年が「思い込みだらけの日本で育った結果」」の みんなの反応 14
  • 匿名さん 通報

    悪意を持って敵対行為に走らず、友好的に応対できるなら問題は起こらない筈。従って国策で民衆に悪意を植え付ける国は論外である

    6
  • 匿名さん 通報

    なんども書いたが、メキシコのニュースはギャングの殺人だけ。スペインのニュースはお祭りだけ。洗脳なんだよ、日本のあらゆるニュースは。それに気付け。

    3
  • 匿名さん 通報

    13:13  そもそも大昔の日本列島には人類はいなかった。全員が中国大陸や朝鮮半島や南方からの「流れ者」「純粋の日本人」なんて存在しない⬅だったら、大陸半島野郎ども、もう少しまともになれやー

    3
  • 匿名さん 通報

    日本人だってヨーロッパやアメリカに行けばマイノリティー。中や韓だったらなおさら。

    2
  • 匿名さん 通報

    日本人だって海外に行けば、柔道や空手が出来ると思われています。別に悪いとわ思わないけどなー。

    2
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月31日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。