高齢者の「暑くないから大丈夫」は危険!この夏、熱中症から自分と家族を守るには

高齢者の「暑くないから大丈夫」は危険!この夏、熱中症から自分と家族を守るには
子ども、高齢者など体力の弱い存在ほど意識して守る必要が ※写真はイメージです

 観測史上、5月で最も暑い日として長いこと1位の座をキープしていた地点は、埼玉県秩父市。1993年5月13日に観測した37・2度だった。



 先月26日、異常な猛暑が、5月の最高気温ランキングを大幅に塗り替え、秩父は19位タイに大きく後退。秩父より高い気温を19地点が観測したが、そのすべてが涼しいはずの北海道だった。



『ウェザーマップ』所属の気象予報士・村木祐輔さんは、



「5月としては、今まで経験したことがない猛烈な暑さだったと言えます。それが北海道で観測されたということで、インパクトがあった」



 と解説。1位は道東の佐呂間町で39・5度、2位は帯広、足寄、池田で38・8度……と北海道の地名が上位を独占した原因について、



「日本列島が高気圧に覆われ晴れたことで、全国的に気温が上昇しました。そこに中国大陸から異常な暖気が北海道へと流れ込みました。その暖気が日高山脈を越える際にフェーン現象が起こり、道東では非常に高い気温が観測されました。これは珍しい現象で、今後しばらくは、5月の最高気温が更新されることはないでしょう」



 と、つけ加える。



 1週間(5月20~26日)に全国で2053人が熱中症で救急搬送され、4人が命を落とした。



 昨夏も暑く、埼玉県熊谷市は、日本の最高気温41・1度を観測した。村木さんは、



「今年は暑い夏になる見込み。昨年は最高気温を更新しましたが、今年も極端に気温が上昇する日がありそうです。梅雨が明ける7月中旬から気温は上がってきますから、注意してほしい」


あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2019年6月9日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら